アフィリエイト

【初心者】Googleアドセンスの審査前にAdsenseコードを貼る方法を解説

2020年5月2日

【初心者】Googleアドセンスの審査前にAdsenseコードを貼る方法を解説

Googleアドセンスの審査の際に、Adsenseコードという広告タグを貼る必要があります。今回はそのAdsenseコードの取得方法、設置方法について解説したいと思います。

Adsenseコードとは

Adsenseコードとは

Adsenseコードとは、Googleアドセンスで自動広告やその他の機能を利用するためにウェブサイト・ブログに設置する広告タグになります。※以前は「自動広告コード」という名前でした。

Adsenseコードはウェブサイト・ブログの全てのページに貼り付ける必要があります。

<script data-ad-client="ca-pub-1234567890123456" 
async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
</script>

Adsenseコードの取得方法

Adsenseコードの取得方法

実際にAdsenseコードの取得方法を説明していきます。

Google Adsenseのサマリー

AdsenseコードはAdsenseアカウントの「広告」>「サマリー」ページで取得できます。

広告掲載の自動化 コード取得

「コードを取得」のテキストリンクをクリックします。

広告掲載の自動化 コード取得

「コードをコピー」のテキストリンクをクリックすると、Adsenseコードの取得が完了になります。

Adsenseコードの設置方法

Adsenseコードの設置方法

Adesenseコードの設置方法を説明していきます。

最初にAdsenseコードの設置に関する注意点として、以下になります。

コピーしたAdSenseコードを、ページの<head>タグと</head>タグの間に貼り付けます。

Adsenseコードの追加前後のhtmlページがあるので、設置する場所を確認して、ご自身のウェブサイト・ブログに設置して下さい。

(例)AdSenseコードを追加前のhtmlページ

<html>
<head>
この部分はページのヘッダーです。
<title>サンプル HTML ページ</title>
</head>
<body>
この部分はページ本文です。
</body>
</html>

(例)ヘッダー(<head></head>タグの間)にAdSenseコードを設置したhtmlページ

<html>
<head>
<script data-ad-client="ca-pub-1234567890123456" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
この部分はページのヘッダーです。
<title>サンプル HTML ページ</title>
</head>
<body>
この部分はページ本文です。
</body>
</html>

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-アフィリエイト
-,