プラグイン

【WordPressプラグイン】WordPressの手動・自動バックアップができる「BackWPup」の設定・使い方

2020年4月22日

【WordPress初心者】WordPressの手動・自動バックアップができる「BackWPup」の設定・使い方

WordPressは、無料のCMSなので利用している人も多いと思いますが、プラグインなどカスタマイズを行うと、画面が真っ白になったり、そもそもウェブサイトが閲覧できなくなるなど不具合が起こりやすいものです。

そのため、定期的にバックアップを取ったり、作業前にバックアップを取るということを習慣化する必要があるのですが、これが実は面倒くさかったりするんですよね。

そんな時に入れておくと役に立つのが「BackWPup」というWordPressの完全自動バックアアップをしてくれる優秀なプラグインになります。

BackWPupとは

【WordPress初心者】WordPressの手動・自動バックアップができる「BackWPup」の設定・使い方

BackWPupの概要

BackWPupは、WordPressで構築したウェブサイトのバックアップを定期的に自動で実行してくれるプラグインです。WordPressではプラグインの干渉などで不具合が発生しやすい側面があるため、BackWPupをインストールして定期的にバックアップを取っておくことを推奨します。

BackWPupの特徴

  • 定期的な自動バックアップの取得
  • バックアップの対象を細かく設定することができる

BackWPupのダウンロード先

【WordPress公式ページ】BackWPup
https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/

BackWPupの設定

BackWPupは基本的に初期設定が不要ですが、バックアップを取るにあたり設定の変更が可能なので何ができるか記載します。

BackWPupのWordPressメニュー

WordPressの左メニューから「BackWPup」を選択します。

BackWPupのダッシュボード

上記の画像がBackWPupのダッシュボードになります。

赤枠から新規でバックアップの作成をすることができます。

一般

BackWPupのジョブ名・ジョブタスク

「ジョブ名」「ジョブタスク」を設定することができます。

「ジョブ名」はバックアップの名称になります。例えば毎日バックアップを取るのであれば、日次バックアップなど管理しやすい名前を付けてください。

「ジョブタスク」はバックアップに含むデータを選択することができます。下記の3つは必ず含むように設定しておけば問題ありません。

【ジョブ名】
任意でOK。管理しやすい名称にする。

【ジョブタスク】
下記の3つはチェックを付ける。

・データベースのバックアップ

・ファイルのバックアップ

・インストール済みプラグイン一覧

BackWPupのバックアップファイルの作成

「アーカイブ名」「アーカイブ形式」はデフォルトの設定のままで問題ありません。

BackWPupのジョブの宛先・ログファイル

「バックアップファイルの保存先」「送信先のメールアドレス」「メールの送信元」を設定することができます。

「バックアップファイルの保存先」は「フォルダーへバックアップ」にチェックを付けておきましょう。メールでバックアップを送信にチェックを付けても良いのですが、バックアップのファイルサイズが大きい場合、エラーになる可能性が高いです。

・データベースのバックアップ

・ファイルのバックアップ

・インストール済みプラグイン一覧

スケジュール

BackWPupのジョブスケジュール・実行時間

ジョブの開始方法は「WordPressnのcron」を選択しましょう。開始方法は以下のように使い分けましょう。

ジョブの開始方法は以下で覚えてください。

手動:手動バックアップを取る

WordPressnのcron:自動バックアップを取る

スケジューラーは、「WordPressnのcron」を選択した際に表示されます。

自動的にバックアップを取得する間隔・時間を設定することができます。日次でバックアアップを取得する場合、「毎日」を選択して開始時間を入力します。

【ジョブ開始方法】
「WordPressnのcron」を選択。

【スケジューラー】
毎週1回でスケジュールを組む。

DBバックアップ

BackWPupのDBバックアップ

「DBバックアップ」はデフォルトのままで問題ありません。

ファイル

BackWPupのプラグイン

「ファイル」はデフォルトのままで問題ありません。

プラグイン

「プラグイン」はデフォルトのままで問題ありません。

宛先:フォルダー

BackWPupの宛先フォルダー

「バックアップファイルの保存先」で「フォルダーへバックアップ」にチェックを付けると、タブの左端に「宛先:フォルダー」が表示されます。

このタブではバックアップを格納するフォルダー、バックアップをいくつまで残しておくのかを指定することができます。

これで新規ジョブの作成が完了になります。

BackWPupの使い方

BackWPupのバックアップ設定

設定を保存したら、画面上部にある「今すぐ実行」のテキストリンクをクリックしてください。

BackWPupのジョブ進捗画面

実行のテキストリンクをクリックすると即時バックアップの取得が始まります。上部に進捗状況が分かるステータスバーが表示されるので、完了するまで待ちましょう。

BackWPupのジョブ完了画面

取得が完了すると、上記のバックアップの完了の表示が出ます。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-プラグイン
-