プラグイン

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

2020年4月28日

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

最新のWordPressではWordPress5.0から新しく追加されたエディターのグーテンベルクエディター(Gutenberg Editor)になっています。

グーテンベルクエディター(Gutenberg Editor)は、専門知識のない人でもWordPressを利用することができるように、ブロック単位でテキストや画像・動画を追加できるシンプルで分かりやすいエディターになっています。

しかし、従来のクラシックエディター(Classic Editor)に慣れてしまっている人からすると、使いずらさを感じてしまう人もいるかと思います。

今回は、グーテンベルクエディター(Gutenberg Editor)からクラシックエディター(Classic Editor)に変更してくれるWordPressプラグイン「Classic Editor」について解説します。

Classic Editorとは

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式ページ】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

Classic Editorの設定

Classic Editorの投稿設定

WordPressの左メニューから「設定」>「投稿設定」をクリック。

上から3つ目の「すべてのユーザーのデフォルトエディター」が設定変更する箇所になります。

「ユーザーにエディターの切替を許可」では、WordPressにログインしたユーザー毎にGutenberg(グーテンベルク)とClassice Editer(クラシックエディター)を選択することができる項目になります。

ただ、ウェブサイトのウェブサイト・ブログ運営上、共通で利用するソースコードなどがあるかと思うので統一した方が良いと思うので、「いいえ」にしておくことを推奨します。

Classic Editorの使い方

クラシックエディター(Classic Editor)とグーテンベルクエディター(Gutenberg Editor)についてそれぞれポイントだけ説明します。

Classice Editer(クラシックエディター)

Classice Editer(クラシックエディター)

Classice Editer(クラシックエディター)は「ビジュアル」「テキスト」の2つから入力が可能です。「ビジュアル」「テキスト」の違いはhtmlを編集するかどうかになります。

「ビジュアル」は文字・画像が自動的にhtmlに変換されるので、専門知識が不要で入力ができます。「テキスト」はhtmlを直接編集して入力を行っていきます。

基本的に「ビジュアル」でも入力は問題ないのですが、自動的にhtmlに変換するため、思ったようにウェブサイトに表現できない場合もあるため、専門知識がある程度あるのであれば、「テキスト」でhtmlを直接編集する方が確実な表現ができます。

Gutenberg(グーテンベルク)

Gutenberg(グーテンベルク)

Gutenberg(グーテンベルク)は従来と異なり、ブロック単位で入力を進めていきます。プラスのボタンをクリックして、追加するブロックを増やしていきます。

Gutenberg(グーテンベルク)のコンテンツブロック

テキスト、見出し、リスト、画像・動画など入力したい内容のブロックを選択して、入力形式に合わせて入力するだけなので、確かに専門知識が不要で入力ができます。

まとめ

クラシックエディター(Classic Editor)もグーテンベルクエディター(Gutenberg Editor)もそれぞれ特徴があるので、お好みのエディターで入力をしてもらえれば良いかと思います。

今後はWordPressはグーテンベルクエディター(Gutenberg Editor)を中心に進んでいく方針のため、クラシックエディター(Classic Editor)は、2021年12月31日までしかサポートされないようなので、どこかのタイミングで切り替える方が良いかもしれません。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-プラグイン
-