筋トレ

簡単に腹筋を鍛えられるドローイングとは?

2020年10月24日

筋トレ器具を何も使わずデスクワークや運転中でも腹筋を鍛えられるトレーニングが「ドローイング」です。

普段の筋トレに加えて隙間時間にドローイングを行うだけでも腹筋に大きな効果を発揮します。

この記事ではドローイングについての基礎知識から具体的な方法について解説していきます。

腹筋とは

腹筋とは

ドローイングについて解説する前にまず腹筋とは何なのか理解しておきましょう。

腹筋とは大きく分けると

  • 腹直筋
  • 腹横筋
  • 腹斜筋

の3つに分けられます。

腹筋を鍛えるとなると表面的に視認できる腹直筋(シックスパック)が注目されがちですが、より効率良く筋肉をつけるにはインナーマッスルと呼ばれる腹横筋や腹斜筋も同様にバランス良く鍛える必要があります。

ドローイングとは

ドローイングとは

ドローイングはお腹を凹ませた状態で腹式呼吸を行うというトレーニングです。

特別必要となる筋トレ器具がないことから毎日の隙間時間に腹筋を鍛えることができます。主にインナーマッスルと呼ばれる腹横筋が鍛えられ、それにより代謝が向上するため、普段の筋トレの効果が何倍にも膨れ上がります。

具体的なドローイングの方法とは?

具体的なドローイングの方法とは?

ドローイングの方法は4種類あります。

どのドローイングを行っても効果に違いはないので、自分の状態に合わせてどの方法を使うのか選択してください。

横になる

最もリラックスした状態で行え、腹式呼吸を行いやすい姿勢のため初めての方におすすめです。

寝る前や起きた後にベッドで行うことを習慣づければ続けやすいでしょう。

  1. 横になり膝を60~90度に立てます。
  2. 腹式呼吸を何度か行います。
  3. 息をゆっくり吐きながらお腹を凹ませます。
  4. その状態で30秒維持しつつ腹式呼吸を行います。
  5. 繰り返します。

立つ

お店の列に並ぶ際や通学・通勤電車の中で行える方法です。

  1. 肩幅に足を開き、背筋を伸ばします。
  2. 腹式呼吸を何度か行います。
  3. 息をゆっくり吐きながらお腹を凹ませます。
  4. その状態で30秒維持しつつ腹式呼吸を行います。
  5. 繰り返します。

座る

デスクワークや車の運転、テレビを見ながらでも行える方法です。

  1. 肩幅に足を開き、椅子に浅く腰掛けます。
  2. 背筋を伸ばし、背もたれには寄りかからないようにします。
  3. 腹式呼吸を何度か行います。
  4. 息をゆっくり吐きながらお腹を凹ませます。
  5. その状態で30秒維持しつつ腹式呼吸を行います。
  6. 繰り返します。

歩く

  1. 顎を軽く引き背筋を伸ばし、歩き始めます。
  2. 腹式呼吸を何度か行います。
  3. 息をゆっくり吐きながらお腹を凹ませます。
  4. その状態で30秒維持しつつ腹式呼吸を行います。
  5. 繰り返します。

まとめ

ドローイングは隙間時間に行うことができ、必要な筋トレ器具もないので誰でも今すぐに始めることができます。ドローイングによって腹横筋を鍛えればより効率的に腹筋を鍛えることが可能です。あなたもドローイングで綺麗な腹筋を手に入れましょう。

 

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-筋トレ