プラグイン

【WordPressプラグイン】一覧画面で記事の複製が簡単にできる「Duplicate Post」の設定・使い方

2020年4月18日

【WordPressプラグイン】一覧画面で記事の複製が簡単にできる「Duplicate Post」の設定・使い方

Duplicate Postとは

【WordPressプラグイン】一覧画面で記事の複製が簡単にできる「Duplicate Post」の設定・使い方

Duplicate Postの概要

Duplicate Postは、WordPressの管理画面の投稿一覧ページで、ワンクリックで投稿の複製ができるプラグインです。

WordPressで投稿を作成していると、意外と記事を複製したい時があるのですが、デフォルトのWordPressでは記事の複製はできません。でもそんな時にDuplicate Postのプラグインを入れることで解決します。

同じような構成の投稿・固定ページの場合であれば、記事の複製ができるだけで、作業効率が上がります。

Duplicate Postの特徴

  • 投稿や固定ページなどが一覧画面で複製できる

Duplicate Postのダウンロード先

【WordPress公式ページ】Duplicate Post
https://ja.wordpress.org/plugins/duplicate-post/

Duplicate Postの設定

複製元

WordPress管理画面のDuplicate Postの複製元の設定画面

複製元では、複製する投稿・ページの有効・無効を選択することができます。また投稿・ページをそのまま複製するのか、タイトルの接頭・接尾に文字を追加して、複製したデータであることをわかりやすくすることができます。

【設定できる項目】
・複製する投稿・ページの要素
・タイトルの接頭辞
・タイトルの接尾辞
・メニュー順を増加する数
・複製しないカスタムフィールド
・複製しないタクソノミー

権限

WordPress管理画面のDuplicate Postの権限の設定画面

権限では、文字通り複製が可能なWordPressのユーザー権限と投稿タイプを設定することができます。

【設定できる項目】
・複製可能な権限
・これらの投稿タイプに対して有効化

表示

WordPress管理画面のDuplicate Postの表示の設定画面

表示では、複製するリンクを表示する箇所を設定できます。基本的にはデフォルトの設定にままで問題ありません。

【設定できる項目】
・リンクを表示する場所
・複製元を表示
・更新通知を表示する

Duplicate Postの使い方

WordPressの投稿一覧画面

投稿の一覧画面で投稿タイトルにマウスを合わせると、投稿に対するアクションが表示されます。その中の「複製」のテキストリンクをクリックします。

WordPressの投稿一覧画面

投稿の一覧画面の最上部に、複製した記事が表示されます。複製すると投稿のステータスは下書きになっています。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-プラグイン
-

© 2021 nukoblog