ブログ

イベントトラッキングとは?Webサイトでユーザーアクションを計測する設定方法

2020年11月10日

イベントトラッキングとは

イベントトラッキングとは、通常のGoogleアナリティクスで計測できないユーザーの行動を計測するための機能です。

Googleアナリティクスはページ遷移を行わない行動は基本的にカウントされず計測できません。しかし、実際コンバージョンではなくても、Webサイト上でユーザーがどのような行動をしているか計測したいですよね。

Webサイト上でユーザーがページ遷移を行わない行動をイベントと言います。例えば、下記のボタンをクリックするアクションがイベントとなります。

  • 資料ダウンロードボタン
  • 電話ボタン
  • 外部サイトへのリンク

他にも任意のリンクに対して、イベントトラッキングで計測が可能です。

イベントトラッキングを設定することで、ユーザーがWebサイト上でどのような行動を取ったか計測できるようになるので、Webサイトのコンバージョンまでのステップの中でどこにWebサイトの課題があるのかを確認するために是非活用したい機能です。

イベントトラッキング設定方法

イベントトラッキングの記述例

イベントトラッキングは設定したいリンクのHTMLコードに記述を追加する必要があります。

実際の記述例が無いとよく分からないと思うので、資料ダウンロードボタンにイベントトラッキングの記述する前提でイベントトラッキングを設定する前後のソースコードを見てみましょう。

例えば、下記の資料ダウンロードボタンのリンクがあったとします。

<a href="https://nuko-blog.net/download/">資料ダウンロード</a>

イベントトラッキングを設定する場合、下記のように記述を追加する必要があります。

<a href="https://nuko-blog.net/download/" onclick="ga('send', 'event', 'link', 'download', '製品資料','1');">資料ダウンロード</a>

リンク先の記述後にイベントトラッキングを計測するためのソースコードが追加されています。赤文字の部分になります。

<a href="https://nuko-blog.net/download/" onclick="ga('send', 'event', 'link', 'download', '製品資料','1');">資料ダウンロード

「onclick」はこの要素がクリックされた時に、後の処理を実行せよというJavaScriptのイベントハンドラと呼びます。このイベントハンドラは「onclick」以外にもフォーカスが当たった時「onfocus」、テキストが選択された時「onSelect」などいくつかの種類があります。

その次にイベントトラッキング用の記述の括弧内の「send」「event」は必須で定型文になるので、必ず記述する必要があります。それ以降の項目「link」「download」「製品資料」「1」はそれぞれ「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」と呼び、Webサイトに合わせて変更していきます。

「カテゴリ」「アクション」は絶対に記入しなければいけません。「ラベル」「値」は任意になります。「値」はそのイベントに対して数値を付与することができて重みづけができます。

イベントハンドラの種類

イベントハンドラはユーザーのマウス動作・操作に対して特定の処理を与えるための命令です。

<a href="https://nuko-blog.net/download/" onclick="ga('send', 'event', 'link', 'download', '製品資料','1');">資料ダウンロード

イベントハンドラは「onclick」以外にもマウス動作・操作はいくつかの種類があります。

イベントハンドラ 説明
onclick クリックした時
onfocus フォーカスが当たった時
onselect テキストが選択された時
onmouseover マウスが乗った時
onmouseout マウスが離れた時
onsubmit フォームが送信された時
onselect 文字が選択された時

イベントトラッキング用の記述

イベントトラッキング用の記述としては、「send」「event」は必須で定型文になりますが、それ以降はWebサイトに合わせて自由に変更することができます。

<a href="https://nuko-blog.net/download/" onclick="ga('send', 'event', 'link', 'download', '製品資料','1');">資料ダウンロード

「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」は色々組み合わすことが可能です。Goolgeアナリティクスでイベントトラッキングの計測を行う際に、分かりやすいように設定するのがコツです。

項目 種別 説明
カテゴリー 必須 カテゴリ名 pc、sp、video、link、pdf
アクション 必須 クリックした時のアクション download、click、play、tel
ラベル 任意 イベント名 pdf名、ページ名、キャンペーン名
任意 イベントの値 1(クリック1回)
5000(5000円の価値)

イベントトラッキングの計測方法

ここからは実際にイベントトラッキングの計測方法について説明していきます。

Googleアナリティクスにログインします。左メニューから「管理」を選択します。

「ビュー」の「目標」をクリックします。

「新しい目標」のボタンをクリックします。

①目標設定で「カスタム」を選択します。

②目標の説明で目標に名前を付けて、「タイプ」で「イベント」を選択します。

イベントトラッキングで設定した「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」を入力します。

保存ボタンをクリックしたら設定完了です。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-ブログ