アフィリエイト

Googleアドセンスの審査通過の5つのポイント!Googleアドセンスの審査までの手順を解説!

2020年5月1日

Googleアドセンスの審査通過の5つのポイント!Googleアドセンスの審査までの手順を解説!

Googleアドセンスとは

Googleアドセンス

Googleアドセンスとは、Googleが提供しているコンテンツ連動型広告なります。言葉だけ聞いてもよく分からないと思うのですが、普段何気なくGoogleで検索して訪れたウェブサイト・ブログで下記のような画像を見たことないですか?

まさにこれがGoogleアドセンスの広告になります。

広告を掲載する人は「ウェブサイト・ブログを所有している」になります。広告を出したい人(広告主)主はGoogleに広告費を支払って自身の「商品・サービスを広告したい人・企業」になります。

つまり、Googleアドセンスの仕組みは、広告を出したい人がGoogleに広告費を支払い、広告を掲載する人のウェブサイト・ブログに広告を掲載するというものです。基本的にクリック課金なので、一般ユーザーがウェブサイト・ブログに訪れて、広告主の広告をクリックすることで、収益が発生します。

Google広告(旧:Googleアドワーズ)とは

Google広告(旧:Googleアドワーズ)

Google広告(旧:Googleアドワーズ)とは、Googleが提供する広告運用サービスになります。大きくリスティング広告、ディスプレイ広告の2つになります。このディスプレイ広告がGoogleアドセンスを利用した広告を指します。

GoogleアドセンスのNGコンテンツ

GoogleアドセンスのNGコンテンツ

Googleアドセンスで広告を掲載するにあたり、Googleアドセンスのポリシーを遵守する必要があります。以下のようなコンテンツはポリシー違反に該当します。

ポリシー違反の代表例

・性的コンテンツ

・ユーザーに強いショック、不快感を与えるコンテンツ

・爆発物

・銃や銃の部品、関連商品に関するコンテンツ

・その他武器・兵器に関するコンテンツ

・タバコに関するコンテンツ

・危険ドラッグに関するコンテンツ

・アルコールの販売や乱用に関するコンテンツ

・オンラインのギャンブルに関するコンテンツ

・処方薬に関するコンテンツ

・未承認の医薬品やサプリメントに関するコンテンツ

・Google Play ストアから削除されたアプリ

GoogleアドセンスのNG広告掲載方法

GoogleアドセンスのNG広告掲載方法

Googleアドセンスでは、コンテンツの制限だけでなく、広告の掲載方法に関するポリシーもあるため、こちらも確認して該当しないようにして下さい。

広告掲載に関するポリシー違反の代表例

・無効なクリックとインプレッション

・クリックや表示を促す

・不適切な場所に広告を配置する

・ユーザーが簡単に閲覧できない
(リダイレクト、ダウンロード開始、不正なソフトウェアの組込、ポップアップ)

・プライバシーポリシーに個人情報の取り扱い、Cookieの使用を記載

Googleアドセンスの審査通過の5つのポイント

Googleアドセンスの審査通過の5つのポイント

ここではGoogleアドセンスの審査通過について5つのポイントを説明します。

(1)Googleアドセンスのポリシー違反に該当しない

前のセクションで説明したように、Googleアドセンスには遵守すべきポリシーがあるので、審査に出す前にチェックしておく必要があります。

申請する以前に、Googleアドセンスで広告を掲載できないテーマ・コンテンツのウェブサイト・ブログであれば、審査自体が無駄に終わってしまいます。

(2)ドメインが独自ドメインである

以前は独自ドメインでなくても可能でしたが、仕様の変更により現在は独自ドメインが必須になっています。

Amebaブログ、FC2ブログ、はてなブログなどの「無料ブログ」の存在で誰でも気軽に情報発信できる時代になったので、ある程度広告を掲載する水準を上げために、独自ドメインは必須ということにしたのでしょう。

(3)一定の記事数がある

Googleアドセンスの申請の時点で、一定の記事(コンテンツ)があることが必要です。様々なサイトで目安の記事数が書いてありますが、10記事〜30記事ぐらいを推奨している方が多いです。ちなみに当ブログ、その他の運営しているブログでは、10記事程で審査通過できました。

(4)価値のあるコンテンツを提供している

著作者の単なる日記のようなウェブサイト・ブログではなく、閲覧したユーザーに価値のあるコンテンツを提供できなければなりません。著作者自身の知識・ナレッジを記事にしたハウツー系のウェブサイト・ブログが一番作りやすいでしょう。

(5)運営者情報・プライバシポリシーが記載されている

一般的なウェブサイトにある運営者情報・プライバシポリシーに関するコンテンツは必須です。「どういう人がこの記事を書いているのか」「どういうウェブサイト・ブログなのか」ということがユーザーに分かるように準備する必要があります。

まとめ:審査通過の5つのポイント

(1)Googleアドセンスのポリシー違反に該当しない

(2)ドメインが独自ドメインであること

(3)一定の記事数があること

(4)コンテンツに価値があること

(5)運営者情報が記載されている

Googleアドセンス審査までの手順

Googleアドセンスの審査までの手順

ここから本題のGoogleアドセンスの審査までの手順を説明します。

Googleアカウントの作成

Googleアカウントをお持ちではない場合、新規で作成する必要があります。

Googleアカウントの作成はこちら

Googleアドセンスのアカウントの作成

Googleアドセンスのアカウントも作成が必要になります。Googleアドセンスのアカウントの作成は基本的に画面に沿って進めれば問題なく登録が完了します。

Googleアドセンスのアカウント作成はこちら

Googleアドセンスの広告タグを貼る

Googleアドセンスで発行された広告タグを取得してウェブサイトに貼り付けます。ページの<body>タグと</body>タグの間に貼り付けます。<body>タグ外に貼り付けると広告が正しく表示されない可能性があります。

Googleアドセンスに申請

アドセンスコードを貼り付けたことを確認したら、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れて、「完了」ボタンをクリックします。

Googleアドセンスに審査結果を確認

oogleアドセンスの審査結果

審査は早ければ1日、長い人でも2週間ぐらいで結果が分かります。Googleアドセンスの審査に通過すると、「お客様のサイトがアドセンスに接続されました」という件名でメールが届きます。このメールが届けばアドセンス審査に通過したことになります。

Googleアドセンスの審査中にすること

Googleアドセンスの審査中でも、念のため1記事ぐらいは追加して、更新性があることをアピールしておきましょう。必須ではありませんが、その方が気持ち的に安心できます。

Googleアドセンスの審査に落ちた場合

oogleアドセンスの審査に落ちた場合の審査結果

Googleアドセンスの審査に落ちてしまったという方もいるかと思います。Googleアドセンスは審査に落ちても、再度審査することは可能です。しかしながら、落ちてからそのまま再度審査しても落ちるだけなので、「何が理由だったのか」また「どうやって解決するのか」を考える必要があります。

よくある審査に落ちる理由は下記になります。特にGoogleアドセンスのポリシーに違反しているケースが多い印象があるので要注意です。

よくある審査に落ちる理由ノ

【よくある審査に落ちる理由】

・Googleアドセンスのポリシーに違反している
→掲載してはいけないコンテンツがある
→不正な広告表示をしている
→ユーザーが閲覧できない、操作しにくい

・記事数が少なすぎる
→記事数が10本以下しかない

・コンテンツに価値がない
→著作者の日記程度のコンテンツしかない
→著作権を侵害しているコンテンツがある

・広告タグが正常に貼り付けれていない
→広告タグを張る場所が違う

ウェブサイト・ブログを修正したら、再度同じように申請して審査結果を待ちましょう。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-アフィリエイト
-