ブログ

【初心者向け】Googleアナリティクスで自宅からのアクセスを除外する方法

2020年2月5日

【初心者向け】Googleアナリティクスで自宅からのアクセスを除外する方法

ウェブサイトのアクセス解析に便利なGoogleアナリティクスですが、正確なアクセス情報を取得するために自宅からのアクセスはカウントしないような設定をされていますでしょうかでしょう。

この設定をしていないと、自宅からブログの記事を新規作成したり、編集することでアクセスがカウントされるので、Googleアナリティクスで本来カウントすべきではないアクセスがカウントされるため、正確な情報を取得できていないことになります。

今回は自宅からのアクセスを除外する設定をご紹介したいと思います。

自宅のIPアドレスを確認する方法

自宅のIPアドレスを確認する方法

CMANのサイトへアクセスすると、現在利用している自宅のインターネットのIPアドレスが表示されるのでメモします。

※IPアドレス自体の詳細な説明は省略しますがインターネットを利用する際に、どこからの通信なのかが分かる住所的な役割をになっています。インターネットの通信に必要なものとだけ認識していただれば大丈夫です。

CMAN

Googleアナリティクスで除外する方法

Googleアナリティクスで除外する方法

Googleアナリティクスにログインします。左メニューの下にある「管理」をクリックします。

Googleアナリティクス

「管理」をクリックするとこの画面になります。一番右端の「ビュー」ブロックの「フィルタ」をクリックします。

Googleアナリティクス

赤枠の「フィルタを追加」をクリックします。

Googleアナリティクス

ビューにフィルタを追加をクリックすると下記の画面になります。
それぞれ表のように記入・選択して下さい。

Googleアナリティクス
項目名設定内容
フィルタ名適当な名前を入力する
フィルタの種類定義済み
フィルタの種類を選択する除外
参照元かリンク先を選択するIPアドレスからのトラフィック
式を選択する等しい
IPアドレス自宅のIPアドレスを入力する

最後に保存ボタンをクリックすると下記の画面にように「自宅IP除外」のフィルターが追加されていることが確認できたので設定完了となります。

Googleアナリティクス

正常に動作しているかGoogleアナリティクス上でチェックする

正常に動作しているかGoogleアナリティクス上でチェックする

「リアルタイム」→「概要」から今実際にウェブサイトに訪れているの情報を表示してくれるので、スマホなどでウェブサイトにアクセスしてみて、ウェブサイトを回遊してみて計測されないかどうかをチェックして問題なければ設置が完了になります。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-ブログ
-

© 2021 nukoblog