SEO

サイトのアクセス解析レポートが簡単にできる!Googleデータポータルの使い方(旧Googleデータスタジオ)

2020年2月23日

サイトのアクセス解析レポートが簡単にできる!Googleデータポータルの使い方(旧Googleデータスタジオ)

サイトのアクセス解析をどのように行なっていますでしょうか。

Googleアナリティクスでアクセス解析を行われている方が多いと思いますが、Googleアナリティクスは情報量が多く、分析に不必要な情報もあるかと思います。

またカスタムレポートを作成してもその度にエクセルでダウンロードをする必要があります。
Googleデータポータルを利用すれば、レポート形式でデータを抽出できます。

初期設定を行うだけで、定期的に自分が見たい情報がすぐ確認できるためアクセス解析が捗ります。

Googleデータポータルの登録方法

Googleデータポータルの登録方法

Googleデータポータルから初期登録、ログインができます。

初期登録の流れをご紹介します。左上の「作成」ボタンをクリックして、Googleデータポータルの初期登録が始まります。

画面中央の「使ってみる」ボタンをクリックします。

言語の選択と利用規約への同意を行います。
利用規約の同意のチェックを付けて、右下の「同意する」ボタンをクリックします。

おすすめ情報やサービス情報など各種情報をメールで受け取るかを決定する画面になります。
最後に右下に「完了」ボタンをクリックします。

Googleデータポータルの設定方法

Googleデータポータルの設定方法

この画面でGoogleアナリティクスのデータを元に、Googleデータポータル上でレポート画面を編集することができます。

GoogleデータポータルではGoogleアナリティクス以外のデータもレポートを作成することができますが、今回はGoogleアナリティクスに絞って説明します。

右側のデータソースを追加から、データソースを選択します。
今回は「Google Analytics Data」を選択します。

データソースを選択すると下記の画面が表示されます。「レポートに追加」ボタンをクリックします。

Googleデータポータルでは、GoogleコネクタというGoogleデータポータル上でデータが連携ができるようになっています。「Googleアナリティクス」を選択します。

アクセス権を許可するために、「承認」ボタンをクリックします。

「Googleアナリティクス」のアカウント、プロパティ、ビューからデータを連携するGoogleアナリティクスを選択します。

最後に「レポートに追加」ボタンをクリックします。

「グラフを追加」からレポートのグラフ形式を選択します。

ディメンション、指標を選択することができます。

並び替えやフィルターで細かな条件を指定することもできます。

ある程度レポートを追加すると下記のような簡易レポート画面ができます。
見たい情報がシンプルに並んでいるのでアクセス解析がしやすくなります。

まとめ

アクセス解析は知識がある人でないと難しいと考えている人もいるかと思いますが、初期の設定さえしてしまえば、誰にでもできてしまうので、是非この記事を参考にGoogleデータポータルを使ってみてください。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-SEO
-,

© 2021 nukoblog