【2022年最新】人気・おすすめのWebマーケスクール9選

完全未経験からWebマーケターに転職はできるのか?Webマーケターになる方法を解説【現役マーケター解説】

当記事の信頼性
管理人:かつさんど
  • 現役Webマーケター
    元Webディレクター
  • 東証一部上場の不動産系企業で勤務
  • 最高収益:月間30万円

最近は副業ブームでフリーランスでWebマーケティングをされる方が増えています。特にWebマーケティング業界は需要が拡大しているので、フリーランスでも案件を獲得することは十分可能です。そこで今回はWebマーケティング未経験の方がフリーランスのWebマーケターになる具体的な方法を解説します。

  • 完全未経験からフリーランスのWebマーケターなる方法を知りたい
  • 完全未経験でもWebマーケターになれるの?
  • フリーランスのWebマーケターで案件を獲得する方法は?

上記のような方は、是非最後まで読んでみてください。

目次

完全未経験でWebマーケターになれるのか?

Webマーケターは実務経験が求められる職種

完全未経験でWebマーケターになるのは基本的に難しいというのが正直な意見です。

というのも広告代理店や事業会社などで働くWebマーケターは新卒でない限り、実務経験が求められるからです。例えば、Web広告をプランニングして「月間平均のCV数をどれぐらい増加させた」「CVRをどれぐらい改善させた」など具体的に仮説と検証を繰り返して「どのような成果を生んだのか」が問われることになります。

そのため、Webマーケティングの基礎知識があるだけでは狭き門である事業会社のWebマーケターはもちろん広告代理店のWebマーケターにもなりにくいです。

Webマーケティングの需要は右肩上がり

近年Webマーケティングの需要は特に高くなっています。そのため、Webマーケティングに精通しているWebマーケターを求める企業も増えています。大手企業では、今までは外部に委託していたWebマーケティング業務を内製化するインハウス化の動きも強くなっています。

実務経験は自分だけで積むことができる

実務経験が求められるWebマーケターですが、今からでもしっかりWebマーケティングの基礎知識を付けて、実務経験を積むことでWebマーケターとして転職することは可能です。「そんな簡単に実務経験なんて積めないよ」という声が聞こえてきそうですが、自分で実務経験を積むことも可能です。

Webマーケターとは?

Webマーケターの仕事内容

Webマーケターの仕事はWebを中心にマーケティングを行う職種になるので多岐にわたります。具体的にはGoogle広告・Facebook広告などのWeb広告、検索エンジンで上位表示されるSEO対策、Instagram・TwitterなどのSNS運用などがあります。またWeb施策を企画するだけでなく、運用から効果測定・分析を行なって改善していく一通りを担当します。

Webマーケターに求められるスキル

Webマーケターに求められるスキルは仕事内容によって異なりますが、代表的なスキルは下記になります。

  • ライティング
  • SEO(検索エンジン最適化)
  • Web広告
  • SNSマーケティング
  • アクセス解析

もちろん、これ以外のスキルもたくさんありますしもっと深く掘り下げるとWeb広告でもGoogle広告、Yahoo!広告など媒体によって扱い方が変わるので考慮が必要になります。

個人的には共通してライティングの能力は必須だと思っています。短くてキャッチなコピーを考えたり、コンテンツマーケティングを行う記事を作るために5,000文字以上の文章を書いたりと色々な場面で文字を書くということが必要になります。

Webマーケターの魅力・やりがいと大変・辛いこと

Webマーケターの仕事に対する「魅力・やりがい」また逆に「大変・辛いこと」については下記の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

私は現役でマーケターをしていてるので、良かったことも悪かったこともありますが、総合的には良い部分が多くWebマーケターという職種を選んで正解だと感じています。まだまだWebマーケターの数は少なくマイナーな職種ですが、需要も増え続けており将来性があるので狙い目です。

Webマーケターの種類

広告代理店のWebマーケター

広告代理店に勤めているWebマーケターは主にクライアントから予算をもらってWeb広告を運用したり、メディア運営のための記事制作、Instagramや TwitterなどのSNSの更新を業務委託して行うことになります。業界によって施策の向き不向きがあったり、クライアントによって施策内容が結構変わるので幅広い知識が付きます。

事業会社のWebマーケター

事業会社のWebマーケターはメーカー系の企業などでWebマーケティングを専門とする部署に配属されている人材を指します。施策内容や予算の決め方は会社によって異なりますが、私の場合は目標として売上や成約件数から予算を算出して、社内稟議を取って施策を進めるような形でした。100%内製化はハードルが高いので大体は外部の広告代理店と協力しながら進めていくことが大半です。

フリーランスのWebマーケター

フリーランスのWebマーケターとして仕事をすることも可能です。フリーランスの場合は基本的にWebマーケティング業務の一部を委託することになるのでGoogle広告・Facebook広告を出稿したり、メディア・コラムの記事を書いたりすることが多いと思います。しっかり実績を作っていくと、企業の一事業の全体的なWebマーケティング施策の企画・実施に携わることも可能です。

未経験者が広告代理店・事業会社のWebマーケターになる方法

未経験者の方が広告代理店・事業会社のWebマーケターになる流れは下記になります。

  1. Webマーケティングの学習(独学orスクール)
  2. 自分でWebマーケティングを実践
  3. 求人検索サイトor転職エージェントで転職活動

一つずつ説明します。

Webマーケティングの学習(独学orスクール)

とにかく最初はWebマーケティングの基礎を学習しましょう。専門用語を理解して手法などできる限り勉強してみましょう。独学での学習は効率が悪いですが、その分費用は抑えることができます。今ではYotube、Udemy、Schooなど動画コンテンツを提供しているサービスも増えたので独学でも学習は可能です。しかし、独学は時間がかかったり、絶対に押さえるべき点が分からないということもあるので、Webマーケティングスクールで短期間に効率的に学習のがおすすめです。

自分でWebマーケティングを実践

Webマーケティングは自分だけでも実践することが可能です。Webマーケティングの基礎は学習したけど、実際に実践してみるところまでした方が理解も深まりますし何より面接でもアピールに繋がるのでトライしてみましょう。

Web広告やSEOを実践するのであれば、下記のような流れになります。

  • WordPressでサイト作成
  • 記事・LPを作成
  • Web広告で配信
  • サイト・記事のSEO対策
  • アフィリエイト記事作成

WordPressは簡単にWebサイトを作ることができる無料のCMSです。WordPressテーマ次第では簡単にLPを作ることもできます。サーバーやドメインの準備には少し費用がかかりますが、合計で10,000円ぐらいで用意できます。準備ができたら少額でも良いのでWeb広告を配信してみましょう。

またWordPressでサイトの準備ができたら、Web広告だけでなく、SEOやアフィリエイトなども自分ですることが可能です。アフィリエイトASPも無料で会員登録ができます。

求人検索サイトor転職エージェントで転職活動

転職活動には求人検索サイトと転職エージェントを使い分けるのが良いでしょう。大半の方が両方を活用して企業選びや選考を進めるのでどちらも登録しておきましょう。

「何の背景もなくマーケティングしたいです。」と転職活動の面接で言っても多分落ちます。同じ求人で他に経験者がいればその方を採用することも考えられます。

今の職場での経験を踏まえて「なぜマーケティングに興味があって、どこまで実践したり行動したのか」という点を面接官は見ますので面接対策は念入りにしておきましょう。

未経験者がフリーランスのWebマーケターになる方法

未経験者がフリーランスのWebマーケターになる流れは下記になります。

  1. Webマーケティングの学習(独学orスクール)
  2. クラウドサービスに登録する
  3. 実績・ポートフォリオを作る
  4. コンペや応募申込をして営業活動を行う

①は先程と同じなので省略して、残りのステップを一つずつ説明していきます。

クラウドサービスに登録する

まずは案件獲得がしやすいクラウドサービスに登録しましょう。登録完了後は他のフリーランスの方がどのように出品していたり、営業しているのかを調べてみらのが良いと思います。先に登録するのは営業ノウハウだけでなく何ができたら案件が取れるのかが具体的に分かるからです。

実績・ポートフォリオを作る

次に実績やポートフォリオを準備しましょう。デザイナーやプログラマーであれば、どういうサイトやシステムを作ってきたのかをまとめていると思います。Webマーケターも手がけたサイトとその成果をまとめてアピール材料を作っておきましょう。

コンペや応募申込をして営業活動を行う

クラウドサービスのプロフィールなど準備できたら、案件のコンペや応募申込をして営業活動をしていきましょう。案件獲得するコツとしては、多くの競合から選ばれる必要があるので「何が強みなのか」を明確に訴求しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる