ブログ

Chromeブラウザで情報収集する時に役立つChrome拡張機能12選

2020年6月8日

【chrome拡張機能】Google Chromeで情報を収集する時に役立つchrome拡張機能12選

今回は私がChromeブラウザで情報収集する際に、効率が上がったり、役に立ったChrome拡張機能をご紹介したいと思います。

パソコンだけでなくスマホでもインターネット検索をすることが多くなったので、パソコンで見つけた情報をスマホでも簡単に閲覧できるChrome拡張機能もご紹介したいと思います。

ato-ichinen

ato-ichinen

ato-ichinenはGoogleの検索結果を1年以内に絞り込むことができる拡張機能。誰しも古い情報よりも新しい情報を見つけたいですよね。

Googleの検索結果の設定で期間を指定することも可能ですが、毎回設定するのは面倒なので、1年以内に絞りたい時はato-ichinenを使うと簡単です。インターネット上で情報収集している時に、最近の情報だけに絞り込みた場合などにおすすめです。

ato-ichinen

Search Preview

Search Preview

Search PreviewはGoogleの検索結果にプレビュー画像を表示してくれる拡張機能。記事タイトル・説明文だけでは具体的な記事の内容が分からない場合でも、プレビュー画像があることで、ある程度のイメージを掴むことができます。

特に情報収集をしている時などは、目的のサイトをスムーズに見つけやすくなると思います。

Search Preview

AutoPagerize

AutoPagerize

AutoPagerizeはGoogleの検索結果ページやWebサイトで複数のページにまたがる場合に、自動的に次のページを下に表示してくれる拡張機能。

通常は複数にまたがる場合は、「次へ」や「2ページ目」のリンクをクリックしなければ、次のページを閲覧できませんが、自動的に表示されるようになるため見やすさが向上します。

AutoPagerize

Save to Pocket

Save to Pocket

Save to Pocketはインターネット上の記事、画像、動画などを保存できる拡張機能。Pocketが入っていれば、パソコン・タブレット・スマホのどの端末からでもお気に入りの情報にシームレスにアクセうできます。

情報収集の際に、後で読みたい記事や気になった記事を一旦保存しておいて、隙間時間に閲覧したりできるので非常に便利です。私も重宝しています。

Save to Pocket

Evernote Web Clipper

Evernote Web Clipper

Evernote Web Clipperはこちらも「Save to Pocket」のEvernote版で、インターネット上で検索したWebページ、記事のテキスト、画像などあらゆる情報を保存できる拡張機能。Evernoteを使っている人は重宝すること間違いなしです。

Evernote Web Clipperがあれば、ブックマークが不要になります。WebページをクリップしてEvernoteに保存すれば、どの端末からもシームレスにアクセスができるようになります。またEvernote内で検索も可能になるので非常に便利です。

Evernote Web Clipper

Weblio

Weblio

WeblioはWeb上で知らない単語や意味を知りたい場合、範囲選択することで辞書のように言葉の意味を表示してくれる拡張機能。

Weblioポップアップ英和辞典」という英語の意味を調べることに特化した拡張機能も提供されています。

Weblio

Personal Blocklist

Personal Blocklist

Personal BlocklistはGoogleの検索結果に表示させたくないWebサイトを指定して自分だけのブラックリストを作ることができる拡張機能。Chromeブラウザで情報収集をする際に、不要なサイトが表示されなくなるので非常に便利です。

設定はドメイン単位で行うことしかできません。ディレクトリ単位での除外はできません。

Personal Blocklist

OneTab

OneTab

OneTabはGoogleで複数のタブを一つにまとめてくれる拡張機能。Chromeブラウザで情報取集をしていると、どうしてもタブが増えてしまいChromeブラウザが重くなってしまいがちです。

OneTabを利用することで、複数のタブを閉じずにまとめることでメモリ使用量を減らすことができて、動作が重くならずスムーズにブラウジングできます。

OneTab

tab Memory Purge

tab Memory Purge

tab Memory PurgeはChromeブラウザで複数のタブを開いている時に閲覧していないタブのメモリ解放ができる拡張機能。複数のタブを開いているとどうしてもメモリを消費して、動作が重くなってきます。

tab Memory Purgeを入れておくことで、今見ているアクティブなタブ以外のメモリを自動的に解放してくれるので動作が軽くなります。

ちなみに設定でメモリ解放したくないサイトも設定できるので、よく利用するWebサイトは除外するなど自分好みのカスタマイズもできます。

tab Memory Purge

Pushbullet

Pushbullet

PushbulletはPCとスマホなどの様々なデバイス間のデータ送受信を行える拡張機能。PCで検索して見つけた記事を簡単にスマホで閲覧することができます。

それ以外にも画像、動画などスマホの通知をPCで表示させたりと異なるデバイス間での通信をまとめることで通知を見落とさなくなります。

Pushbullet

AdBlock

AdBlock

AdBlockは世界で6000万人以上のユーザーに利用されており、拡張機能のダウンロード数は3億5000万回以上の有名な広告をブロックしてくれる拡張機能です。

多くの人が利用しているYoutube、Facebook、Twitchからお気に入りのウェブサイトの広告やポップアップ広告などをブロックしてくれます。

AdBlock

Web of Trust(WOT)

Web of Trust(WOT)

Web of Trust(WOT)はGoogleの検索結果上のWebサイトの信頼度を表示してくれる拡張機能。簡単にいうと、表示されているWebサイトが安全かどうかを示しています。危険なWebサイトに不用意にアクセスしてしまうのを防ぎます。

またあなたがマルウェア、フィッシング、不正なウェブストア、危険なリンクなどがあるWebサイトにアクセスした時に警告を表示してくれます。

Web of Trust(WOT)

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-ブログ
-