テーマ

【LION MEDIA】SEO設定の解説!ダウンロードすればすぐできるカスタマイズ!

2020年4月24日

本ブログで利用しているテーマ「LION MEDIA」のSEO設定の解説をします。

TOPページの<title>・<meta description>

トップページの「titleタグ」「meta descriptionタグ」を設定できます。

入力をしない場合、「設定」>「一般」の「キャッチフレーズ|サイトのタイトル」が表示されます。

<meta name="description" content="このブログはnukoblogのテストサイトになります。このブログはnukoblogのテストサイトになります。このブログはnukoblogのテストサイトになります。">
<meta property="og:site_name" content="test-nuko" />
<meta property="og:type" content="website" />
<meta property="og:title" content="nukoblogのテスト│test-nuko" />
<meta property="og:description" content="このブログはnukoblogのテストサイトになります。このブログはnukoblogのテストサイトになります。このブログはnukoblogのテストサイトになります。" />
<meta property="og:url" content="http://nuko-blog.net/test" />
<meta property="og:image" content="http://nuko-blog.net/test/wp-content/themes/lionmedia/img/img_no.gif" />
<meta name="twitter:card" content="summary" />

デフォルトでは247行目あたりに「titleタグ」「meta descriptionタグ」が記述されています。

※ウェブサイト上のタイトル・キャッチフレーズを変更する場合

WordPressの左メニューから「設定」>「一般」に進んで、「サイトのタイトル」「キャッチフレーズ」を変更することで変更できます。

CSS非同期読込設定

一部のCSSを遅らして読み込ませることで、読み込み速度を向上させる機能になります。

利用されているWordPressのテーマによって、一瞬デザイン・レイアウトが崩れて見えてしまうこともあるので、検証しながら設定して下さい。

設定を有効にすると「footer」にJavaScriptを1行追加することになります。

設定内容

下記の4つから有効にするものをチェックします。

・メインCSS(style.css)を非同期読み込みする

・投稿・固定ページ用CSS(content.css)を非同期読み込みする

・アイコンフォントCSS(icon.css)を非同期読み込みする

・GoogleフォントCSS(Lato)を非同期読み込みする

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-テーマ
-