【2022年最新】人気・おすすめのWebマーケスクール9選

【LION MEDIA】SNS・OGP設定の解説!ダウンロードすればすぐできるカスタマイズ!

当記事の信頼性
管理人:かつさんど
  • 現役Webマーケター
    元Webディレクター
  • 東証一部上場の不動産系企業で勤務
  • 最高収益:月間30万円

本ブログで利用しているテーマ「LION MEDIA」のSNS・OGP設定の解説をします。

今回はSNSで自身のウェブサイト・ブログがシェアされた際の設定を行うことができます。

目次

[OGP]画像の設定

投稿にアイキャッチ画像が登録されていない時に表示するOGP画像を登録できます。

OGPとは、「Open Graph Protocol」の略でFacebookやTwitterなどのSNSで記事がシェアされた時、ページのタイトル、URL、画像を表示させる仕組みのことです。

[OGP]FacebookのAPPID・ユーザーID

FacebookのAPPIDとユーザーIDを入力して連携します。

FacebookのAPPIDは、facebook for developersにアクセスして開発者アカウントを作成する必要があります。

FacebookのユーザーIDはFacebookにアクセスしてアドレスバーのURLを確認します。

https://www.facebook.com/〇〇〇

◯◯◯の部分がユーザーIDになります。

[OGP]Twitter Cardの種類を選択

「Summaryカード」「Summary with Large Images」のどちらかを選択します。

[FOLLOW]Facebookページのユーザー名

FacebookページにアクセスしてアドレスバーのURLを確認します。

https://www.facebook.com/〇〇〇

◯◯◯の部分がユーザー名になります。

ヘッダー(Header)のフォローアイコン

フッター(Footer)のフォローアイコン

[FOLLOW]Instagramページのユーザー名

InstagramページにアクセスしてアドレスバーのURLを確認します。

https://instagram.com/〇〇〇

◯◯◯の部分がユーザー名になります。

[FOLLOW]TwitterのID(@以降)

TwitterページにアクセスしてアドレスバーのURLを確認します。

https://twitter.com/〇〇〇

◯◯◯の部分がIDになります。

[FOLLOW]Google+ページのURL(+以降)

Google+ページにアクセスしてアドレスバーのURLを確認します。

https://plus.google.com/+〇〇〇

◯◯◯の部分がGoogle+ページURLになります。

[FOLLOW]RSSページのURL

RSSページのURLを入力します。

未入力の場合は[bloginfo(rss2_url)」が表示されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる