SEO

noindex、nofollowとは?SEO効果を高める具体的な使い方・設定を解説

noindexとは

noindexとは

クロールさせない指示を伝えるnoindex

noindexはGoogleやYahooなどの検索結果ページに表示されないようにするmetaタグになります。

SEOを意識するならすべてのページが表示された方が良いのではと思われる方もいるかもしれません。

しかし内容が重複しているページや質の低いページが存在するとWebサイト全体のSEO評価が落ちるリスクがあります。

そのため、noindexタグを利用して検索結果ページに表示させても良いページのみを評価対象にすることでWebサイトのSEO評価を高めるということを行います。

具体的にnoindexタグを使う代表的なページは以下になります。

  • 重複ページ
  • 質の低いページ
  • 検索結果に表示させないページ

重複ページ、質の低いページ以外にもシステムの管理画面など検索結果に表示させる必要のないページにもnoindexタグを使用します。

noindexの記述方法

HTMLやPHPファイルなどのheadタグ内に以下のように記述します。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

XHTMLの場合は下記のようになります。

<meta name=”robots” content=”noindex” />

Googleのクローラーボットのみに適応する場合、下記のように記述します。

<meta name="googlebot" content="noindex">

nofollowとは

nofollowとは

リンクパワーを渡さない設定をするnofollow

nofollowタグは記述したリンク先にリンク評価、PageRankを転送しないようにするmetaタグです。

リンクのコンテンツが信頼できない場合や自信のWebサイトと関連付けたくない時に記述します。

特に購入したリンクや広告用のリンクなどの有料リンクは検索結果に悪影響を及ぼす可能性があると考えられているためGoogleからペナルティを受ける原因にもなります。

検索結果の順位を操作する相互リンク、リンク売買などのスパム行為を意図せず行わないようにするために設定する必要があります。

具体的にnofollowタグを使う代表的なページは以下になります。

  • 信頼できないコンテンツ
  • 有料リンク

またnofollowタグでページ内で不要なリンク先を設定することによって、クロールしてほしいリンクのクロールがスムーズになることが期待できます。

nofollowの記述方法

noindexタグと同様にHTMLやPHPファイルなどのheadタグ内に以下のように記述します。

<meta name="robots" content="nofollow" />

noindexとnofollowを一緒に記述する方法

noindexとnofollowを一緒に記述する方法

noindexとnofollowを一緒に記述する方法はHTMLやPHPファイルなどのheadタグ内に以下のように1行で記述します。

下記の場合、インデックスもされずクロールもされません。

<meta name="robots" content="noindex , nofollow" />

インデックスはされたくないが、リンク先はクロールしてほしい場合は下記のように記述します。

<meta name="robots" content="noindex" />

X-Robots-Tagの記述方法

X-Robots-Tagの記述方法

X-Robots-Tagはクローラを制御するrobots metaタグを、HTMLドキュメントではないPDFや画像などのコンテンツのHTTPヘッダーに設定するための仕組みです。

HTTP/1.1 200 OK
(…)
X-Robots-Tag: noindex
(…)

注意点はX-Robots-Tagで指定したコンテンツに対して、robots.txtでクロールをブロックすると、HTTPヘッダーを送ることができません。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-SEO

© 2021 nukoblog