WordPress入門

WordPressの投稿・固定ページのパーマリンク設定

2020年8月22日

WordPressの投稿・固定ページのパーマリンク設定

今回はWordPressのパーマリンク設定について説明していきます。

パーマリンクとは

パーマリンクとはWordPressで作成した投稿・固定ページのURLを決める設定です。

インストルール直後のWordPressのデフォルトのパーマリンク設定は、大半の人が下記のどちらかになっていると思います。

・「記事ID」
https://nuko-blog.net/?p=1
・「投稿日」+「記事タイトル」
https://nuko-blog.net/2020/08/22/ぬこブログ/

しかしながら、実はデフォルトのパーマリンク設定は理想的な設定になっておらず、変更した方がGoogleからもユーザーからも高評価を得られます。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

Search Consokeヘルプ

Search Consoleのヘルプには、理想的なURL構造は「シンプル」かつ「人間が理解できる」というように書かれています。

パーマリンクはSEOに影響があるか

パーマリンクでどういう形式を選択したとしても、直接SEO評価には影響ありません。

しかしGoogleが推奨するURL構造「シンプル」かつ「人間が理解できる」というのは、Googleだけでなく、ユーザーが検索結果ページ、サイト・ブログ内でコンテンツを探す際も、URLからどういう記事か推測しやすくなるので、ユーザービリティの観点からも設定を変更すべきでしょう。

また今後、Google検索結果のアルゴリズムが変動しないとも限らないので、Googleが推奨しているURL構造を目指す方が賢明です。

どのパーマリンク設定が良いか

SEO評価とユーザービリティを考慮すると、大きく2つのどちらかが良いと考えられます。

・「記事タイトル」
https://nuko-blog.net/h1title/
・「カテゴリー」+「記事タイトル」
https://nuko-blog.net/seo/h1title/

定期的にカテゴリーの見直しが入るサイト・ブログであれば、「記事タイトル」のみのパーマリンク設定の方がおすすめです。

本来は「カテゴリー」+「記事タイトル」のパーマリンク設定の方が、どのカテゴリーに紐づいている記事ということが、直感的にユーザーに伝わるため良いのです。

しかしカテゴリーを変更する度にURLが変更されるので、今ままで受けていたSEO評価、SNSでの評価が全てクリアされてしまいます。

そのためカテゴリーの変更があるのであれば、「記事タイトル」にして、変更がほとんどないという方は「カテゴリー」+「記事タイトル」のパーマリンク設定をすることが良いです。

記事・固定ページのパーマリンク設定方法

記事・固定ページでは記事タイトルに合わせたパーマリンクを個別に設定する必要があります。

理想的なURL構造は「シンプル」かつ「人間が理解できる」ですが、日本語を使うのは避けましょう。

本来英数字のみなので日本語は長い文字列に置き換わってしまうので、意味も分からず長くなってしまいます。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

Search Consokeヘルプ

ちなみに少し長いパーマリンク設定の場合など、文字を区切りたい時は「_(アンダースコア)」ではなく「-(ハイフン)」を使う方が好ましいです。

WordPressのパーマリンク設定方法

WordPressメニュー

WordPressの管理画面から左メニューの「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。

共通設定

パーマリンクの共通設定

共通設定でパーマリンクの設定を行います。

・基本
https://nuko-blog.net/?p=123
・日付と投稿名
https://nuko-blog.net/2020/08/22/sample-post/
・月と投稿名
https://nuko-blog.net/2020/08/sample-post/
・数字ベース
https://nuko-blog.net/archives/123
・投稿名
https://nuko-blog.net/sample-post/
・カスタム構造
https://nuko-blog.net/%◯◯◯◯%/

パーマリンクはいくつか種類があり、「カスタム構造」を使うことで思い通りのパーマリンクにすることができます。

今回は理想的なURL構造にするために。「記事タイトル」もしくは「カテゴリー」+「記事タイトル」を設定していきます。

「カスタム構造」を選択して、下記のタグを選択して置き換え文字を設定してください。

「記事タイトル」
/%postname%/
→https://nuko-blog.net/%postname%/

「カテゴリー」+「記事タイトル」
/%category%/%postname%/
→https://nuko-blog.net/%category%/%postname%/

オプション

パーマリンクのオプション設定

オブションからはカテゴリー、タグの一覧ページのパーマリンク設定を変更することができます。

「カテゴリー」
https://nuko-blog.net/category/wordpress/

「タグ」
https://nuko-blog.net/tag/wordpress/

カテゴリー、タグの一覧のURLはデフォルトで上記の赤文字が入るようになっています。

ちなみに「category」というのがカテゴリーベースと言われています。

オプションの入力欄に任意の文字を入力することで、赤文字を好きな文字に変更することができます。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-WordPress入門