プログラミング

Webシステム開発が得意なプログラミング言語PHPとは?PHPの特徴を分かりやすく解説

2020年12月20日

プログラミング言語PHPとは

PHPはHypertext Preprocessorの略でWebアプリケーションなど動的コンテンツの作成に向いているプログラミング言語です。

動的コンテンツとは、同じWebページのURLでも閲覧するユーザー属性や時間帯・日付によって表示内容が変わるコンテンツです。例えば、Webサイトのお知らせやブログ、ECサイトのおすすめ商品などが当てはまります。ちなみに動的コンテンツの反対である静的ページは誰がいつ閲覧しても同じ表示内容のコンテンツです。

PHPの特徴としてHTMLと組み合わせて使用することができる点があげられます。具体的にはHTMLで記述したページにPHPを埋め込むことで動的なコンテンツを作ります。HTMLはPHPと構造は似ていますが、静的コンテンツしか作れないため、PHPを使って動的なコンテンツを作ります。

PHPと同じようにWebアプリケーションを作ることができるプログラミング言語としてJavaScriptがあります。

PHPがサーバーサイドの言語であるのに対し、JavaScriptはクライアントサイドの言語になります。2つの違いとしては処理の仕方にあります。PHPはWebサーバーで行いますが、JavaScriptはWebページを閲覧するブラウザで行われます。クライアント側のブラウザで処理が行われるのでクライアントサイドの言語と呼ばれています。サーバーサイドのPHPはWebサーバー側のMySQLPostgresなどのデータベースと連携が可能です。

PHPは基本的にシンプルで分かりやすい文法が多いのでプログラミング初心者におすすめの言語です。簡単なフォームや掲示板などは作りやすいので、チャレンジしてみるのはありかと思います。

プログラミング言語PHPでできること

PHPを使うことで以下のようなものが作れます。

  • ブログ
  • 掲示板
  • SNS
  • ECサイト
  • お問い合わせフォーム

もっと具体的にPHPでできることを説明していきます。

HTMLを生成できる

HTMLとPHPは文法自体よく似ているのですが、PHPを使ってHTMLで作ったページの一部のHTMLを作成することができます。

データベース連携できる

PHPを使うとMySQLやPostgresなどのデータベースと連携したWebサイト作成することができます。

フォームの送信内容を受け取れる

フォームでユーザーが入力した情報をPHPを使って受け取ることができます。受け取るだけでなく、HTMLで別のページに表示したり、データベースに保存することができます。

プログラミング言語PHPの特徴

文法がわかりやすい

PHPは構文がシンプルなのでいくつか構文を覚えておけばある程度動くようなプログラムを作ることができます。またPHPは他の言語よりも記述方法に厳格なルールが無いため、プログラミング初心者方でも扱いやすい言語になります。

プログラミング言語にはデータを取り扱う際に、型というものがあります。「2021/1/1」は日付型、「プログラミング」は文字型などデータをどのように捉えるのかといった概念になります。プログラミングを行う上でこの型の概念が非常にややこしいと言われているので、PHPは扱いやすい部類に入ります。

PHPは型の定義宣言が必要ないため、本来であれば日付型のデータに文字型のデータが入ればエラーが返ってきますが、PHPでは自動的に型変換を行うため、型を意識することなくプログラムを作ることができます。

情報が豊富で勉強がしやすい

PHPは1995年頃からあるプログラミング言語でありながら、現在でも人気プログラミング言語トップ10を維持しています。

そのためインターネット上で具体的な記述方法からサンプルのソースコード、エラーの対応方法など様々な情報を収集することが可能です。

もちろん参考書など書籍も多数あるので、自分が気に入った1冊を購入して、つまずいたところがあればインターネットで検索すれば大抵のことは解決します。

セキュリティ的に脆弱なシステムになりやすい

PHPはWebアプリケーションやWebシステムに特化したプログラミング言語であるため、開発を行う際に会員機能や決済機能などを実装することが多くあります。

PHPはオープンソースで日々開発が行われていますが、時にはPHPの中で脆弱性が見つかることがあります。

もちろん日々セキュリティを高めるように取り組みが行われていますが、近年ではSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングなど様々なサイバー攻撃が増えているので、PHPでWebアプリケーションを開発する際は、セキュリティ対策も考慮する必要があります。

インタプリタ型のためコンパイル不要で動作確認がしやすい

インタプリタ型はソースコードを実行する際に、随時コンピューターが翻訳される言語になります。反対にコンパイラ型はソースコードを実行する際に、コンパイル(コンピューターが理解できるように翻訳する)する作業が必要な言語になります。

インタプリタ型であれば、コンパイルする必要がなくソースコードを実行時にそのままソースコードを読み込むため開発時の動作確認がしやすくなるというメリットがあります。

使える環境が多い

Web上で動くプログラムを作る場合、そのプログラミング言語に対応したサーバーを準備する必要があるのですが、PHPは有名・人気のプログラミング言語であるため、現在多くのレンタルサーバーがPHPに対応しています。

そのためレンタルサーバーを借りるだけでPHPで作ったプログラムを実行できる開発環境が準備できます。開発環境の構築はプログラミング初心者の方がよくつまづくポイントなので学習しやすいプログラミング言語といえるでしょう。

pythonで開発された活用例

WordPress

個人のブログツールから企業のオウンドメディアのCMSとして幅広く使われているWordPressもPHPで作られています。

WordPress

EC-CUBE

EC-CUBEは株式会社ロックオンが2006年にオープンソースとして発表したECサイト用のプログラムです。海外でもECサイトのパッケージはありますが、日本語対応が正確にされていないことがよくあります。その点EC-CUBEは日本産のパッケージなので、自然な日本語表記になっているので安心して利用できます。

EC-CUBE

Wikipedia

無料の百科事典のWikipediaもPHPで作られたWebサービスとして有名です。皆さんも一度は検索してWikipediaを見られたことがあるのではないでしょうか。

Wikipedia

プログラミング言語pythonが学べるオンラインプログラミングスクール5選

TechAcademy

TechAcademyは12週間で未経験から現場で活躍できるプログラマーに育ててくれるオンライン完結のプログラミングスクールです。

オンラインプログラミングスクールの受講者数No1に輝くなど人気があるプログラミングスクールです。

Tech Academyの公式サイト

CodeCamp

CodeCampは満足度96.6%のプログラミングレッスンを行っているオンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールです。

受講者数は30,000以上、プログラミング学習の導入企業も300社以上と高い学習効果が評価されテレビ、新聞、ビジネス誌など多くのメディアで紹介され注目を集めています。

CodeCampの公式サイト

Freeks

Freeksは月額9,800円でHTML、CSS、PHP、JAVA、Pythonなどのプログラミング言語が学び放題、通い放題のサブスクリプション型プログラミングスクールです。

Freeksの公式サイト

tech boost

tech boostを運営するBranding Engineerはエンジニアの人材採用から派遣まで行っている会社です。そのため経験豊富なメンターに指導、サポートを行ってくれます。

特にカリキュラムはオーダーメイドで作成してくれるので自分の今の状況に合わせた学習期間、方法で挫折しにくい学習ができます。最終課題ではWebアプリケーション開発を実際に行って実力を試します。

tech boostの公式サイト

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾はワンツーマンで指導してくれる完全オンラインのプログラムスクールです。累計で28,000名以上の指導実績があり、転職成功率も94%と高い成果を上げています。

侍エンジニア塾の公式サイト

こちらもCHECK

>

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-プログラミング
-

© 2021 nukoblog