プログラミング

【お金がない方必見】プログラミングスクールの費用相場から格安・コスパが高いおすすめのプログラミングスクール3選

こんな方におすすめ

  • 「プログラミングスクールの費用相場を知りたい」
  • 「コスパの良いプログラミングスクールを知りたい」
  • 「費用の高い・安いプログラミングスクールの違いを知りたい」

という方に、今回はプログラミングスクールの費用相場、費用の高い・安いプログラミングスクールの違い、またコスパの良いプログラミングスクールを紹介します。

プログラミングスクールの受講料は決して安くはないので、この記事を読んで後悔しないスクール選びをしてもらえたら嬉しいです。

こちらもCHECK

プログラミングスクールの費用相場

先日主要な人気・おすすめプログラミングスクール12選の費用について調査したところ、プログラミングスクールの合計費用の相場は約40万円ぐらいが目安になりました。

1ヶ月の月額費用では約13万円という結果になりました。もちろん、月額費用が13万円より高いスクールも安いスクールもありますが、大体平均すると約13万円前後が中央値になるでしょう。

なぜプログラミングスクールの費用が高いのか

1ヶ月あたりの月額費用の平均が約13万円だとしても高価な買い物に変わりないですよね。

なぜプログラミングスクールの費用が高くなるのか説明していきます。プログラミングスクールの費用を決める要素として以下が挙げられます。

費用を決める要素

  • 講師のレベル
  • 受講期間
  • 就職・転職サポート
  • チャットやカウンセリング対応
  • プログラミング言語数
  • オンライン・オフライン通学

これらに共通して言えるのが人件費です。特に現役のプロのエンジニアが講師となると、どうしてもプログラミングスクールの受講料が高くなる傾向にあります。

授業を行うのはもちろん課題のレビューやチャット対応などは時間を取られることが多いので、その分本業に割く時間が少なくなります。

質が高く・格安のプログラミングスクールは存在する?

普通に考えると、質が高く・格安のプログラミングスクールなんて存在しないように思えますよね。

理由はプログラミングスクールの受講者が提携先の企業に就職・転職すると紹介料という形で年収の一定額がプログラミングスクールに収益として入るシステムがあるからです。

そのシステムが生まれた背景として、現在エンジニア業界は深刻な人員不足となっており、どこの企業も優秀なエンジニアが欲しいと考えているからです。

そのため、プログラミングスクールで基礎知識を付けた若いエンジニアを紹介してもらえることは人員不足の解消に繋げることができる有効な手段となります。

プログラミングスクールは紹介先で就職・転職成功すると、企業から受講者の年収の約2~3割を紹介料として得ることができます。

年収が500万と仮定した場合、100~150万円の紹介料を得ることができます。そのため、初期費用や月額費用が他よりも安くてもしっかり受講者をエンジニアとして育てて就職してもらうことで収益を得ることができます。

格安でコスパの良いおすすめプログラミングスクール

コスパの良いプログラミングスクールとしては、「tech boost」「ポテパンキャンプ」「侍エンジニア塾」がおすすめです。

格安でコスパの良いおすすめプログラミングスクール

コスパの良いプログラミングスクールを選ぶ際の注意としては、学習できるプログラミング言語が少なかったりと制限もあります。

受講前に何をしたいのか、どのプログラミング言語を習得したいのか、どんな仕事をしたいのかなどあらかじめ決めておく必要があります。

格安でコスパの良いおすすめプログラミングスクールについて紹介していきます。

利用満足度の高いプログラミングスクール「tech boost」

tech boostの特徴

  • 学習内容はオーダメイドで作成
  • 現役エンジニアが指導
  • 0からオリジナルのWebアプリ開発を行う

tech boostはエンジニアの人材採用から派遣まで行っているBranding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。エンジニアの人材採用も手掛けているため、エンジニア業界に精通した経験豊富なメンターに指導、サポートを行ってもらえます。

特にカリキュラムはオーダーメイドで作成してくれるので自分の今の状況に合わせた学習期間、方法で挫折しにくい学習ができます。最終課題ではWebアプリケーション開発を実際に行って実力を試します。

オリジナルWebアプリの作成を通して、業務で必要な力を身につけることができます。
オリジナルWebアプリはポートフォリオとしても使用することができるので、就職・転職時のアピールになります。

tech boostの詳細はこちら

Webエンジニア輩出率No1の「ポテパンキャンプ」

Webエンジニア輩出率No1のポテパンキャンプ

ポテパンキャンプの特徴

  • Webエンジニアへの豊富な転職実績
  • 転職サービス運営を生かした充実した転職サポート
  • 現役エンジニアから厳選したレベルの高い講師

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍する業界トップクラスのWebエンジニアの輩出率・転職率の高さが強みのプログラミングスクールです。プログラミングスクール卒業後は提携企業の紹介があり、卒業生のほぼ全員がWebエンジニアへ転職成功しています。

ポテパンキャンプ自体が転職サービスを運営しており、受講者の転職サポートは手厚くフォローしてくれます。また現役エンジニアの中からさらに厳選した講師から学習することができるので、実際に開発現場で求められていることを吸収することができます。

ポテパンキャンプの公式サイト

完全オンライン×ワンツーマンレッスンの「侍エンジニア塾」

侍エンジニア塾の特徴

  • ワンツーマンのプログラミング学習

  • 挫折率が低いスクール

  • 就職・転職サポートも充実

侍エンジニア塾は株式会社侍が運営するプログラミングスクールで日本で初めてマンツーマンでのプログラミング指導を導入したプログラミング塾になります。

2019年に実施された「プログラミングスクール10社を対象にしたサイト比較イメージ調査」でプログラミング学習の挫折率は8%で「挫折しないプログラミングスクールNo.1」に認定されています。

専属のインストラクターと対面かZoomでオンラインでプログラミング学習を行います。プログラミングやWebデザインのスキルを身に付けるだけでなく、就職や転職、案件の獲得の方法などをマンツーマンでサポートしてくれます。2019年1月から学割もスタートしたため、学生の受講者が増えています。

侍エンジニア塾の詳細はこちら

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-プログラミング

© 2021 nukoblog