プラグイン

【WordPressプラグイン】内部リンク・外部リンクをブログカード形式で表示できるPz-LinkCardの設定・使い方

Pz-LinkCardとは

Pz-LinkCardの概要

Pz-LinkCardは、WordPressの投稿ページ内で内部リンク・外部リンクを貼る際に、ブログカード形式でリンクを表示させることができるプラグインです。

最近のブログでは、シンプルなテキストリンクだけでなく、「合わせて読みたい」「詳細記事」などのリンクを貼る時はブログカード形式で表示させているのを良く見かけます。

Pz-LinkCardの特徴

  • 内部リンク・外部リンクをブログカード形式にできる
  • ショートコードで作成できるので運用しやすい

Pz-LinkCardのダウンロード先

【公式サイト】Pz-LinkCard
https://ja.wordpress.org/plugins/pz-linkcard/

Pz-LinkCardの設定

WordPressの左メニューから「設定」>「Pz カード設定」をクリック。

基本

基本では主にベースデザインの選択だけ行います。

「かんたん書式設定」でブログカードのデザインをカスタマイズすることができます。今回は「Pzリンクカードオリジナル」で設定してみます。

配置

配置では、ブログカードの余白の調整が行えます。基本的にデフォルトで問題ありません。

ご自身のサイトでカスタマイズしているCSSなどによって、気になる部分が出てくる可能性があります。

一旦設定を最後まで行った上で気になる変更しましょう。

表示

表示では、ブログカード内の表示する項目や見た目をカスタマイズできます。ここは結構人によってカスタマイズする項目ですね。

文字

文字ではタイトル通り、文字色をカスタマイズできます。URLの色は黒以外にするなどはここで変更できます。

外部リンク

外部リンクでは、ブログカードのリンク先が外部リンクの場合の設定ができます。

枠線や背景色は、外部リンクと内部リンクではっきり分けたい場合は設定しましょう。

以下の2つは必須で設定した方が良いです。

新しいウィンドウで開く:モバイル端末以外か両方を選択
nofollowを付与する:チェックする

内部リンク

内部リンクでは、ブログカードのリンク先が内部リンクの場合の設定ができます。

枠線や背景色は、外部リンクと内部リンクではっきり分けたい場合は設定しましょう。

同ページ

同ページでは、ブログカードのリンク先が同じ場合の設定ができます。

基本的に変更する必要はありません。

Web API

Web APIは特に変更する必要はありません。

検査

検査では、ブログカードのURL先が正常化を調べる機能になります。

エディタ

エディタでは、投稿や固定ページにブログカードを表示するために必要なショートコードの設定ができます。こちらも基本的にデフォルトの設定のままで問題ありません。

上級者向け

上級者向けではCSSのカスタマイズに必要な設定ができます。

Pz-LinkCardの使い方

実際にPz-LinkCardを使って、ブログカードを投稿に表示させてみたいと思います。

投稿ページ・固定ページ

投稿から新規追加を選択して、普段入力している通り作成をしていきます。

ブログカードを表示させたい箇所まで入力したら、ブロックの追加で「ショートコード」を選択します。

入力欄に[blogcard url="リンク先URL"]を入力します。

投稿をプレビューや公開してみると、上記のようにブログカードが表示されます。

ツール

実際に運用をしていくとどの投稿に何個ブログカードを設定しているなど管理の手間が増えてきます。

Pz-LinkCardであれば、「Pz カード管理」からサイト内で設定しているブログカードを管理することができるので、とても個人的に助かりました。

WordPressの左メニューから「ツール」>「Pz カード管理」をクリック。

ブログカードのリンク先と設定している投稿や固定ページのURLなど各情報が表示されています。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-プラグイン