ブログ

【Web会議】無料で始められる!おすすめWeb会議ツール

2020年5月19日

【web会議】無料で始められる!おすすめweb会議ツール

今回は手軽にWeb会議が始められる無料のおすすめビデオ通話サービスをご紹介します。

各サービスの費用・機能をまとめているので、自分に合ったサービスを選ぶ参考にして下さい。

web会議とは

web会議とは

web会議とは、インターネットを利用して音声・映像を伝えた会議を行うことを指します。

Web会議ツールには、chrome・safariなどのブラウザから利用できるものから、パソコンやスマホに専用のソフトウェア、アプリをダウンロードして利用するものがあります。

特にブラウザから利用できるツールであれば、パソコン・スマホとインターネット環境があればWeb会議ができるため、非常に利便性が高いです。

おすすめweb会議ツール4選

Google Hangout(グーグルハングアウト)

Google Hangout(グーグルハングアウト)

Google Hangout(グーグルハングアウト)はGoogleが提供するビデオ通話、グループチャットなどが可能な統合メッセージサービスになります。

パソコンはもちろんAndroid、AppleのiPhoneなどのスマホからも利用できます。パソコンからはchrome拡張機能を利用します。スマホからは専用のアプリをダウンロードする必要があります。

ビデオ通話では、最大10人で通話ができます。またビデオ通話中の画面共有も可能なのでスムーズなコミュニケーションが取れます。

他にも絵文字なども送信できるチャット機能、最大150人で通話ができるグループチャット機能があります。

プラン料金(月額)機能
基本無料会議の長さは1時間,会議の参加人数は100人,会議の改修は無制限,ブラウザからの参加,外部ユーザーの招待,ネイティブモバイルアプリ,自動字幕起こし(英語のみ),画面共有と固定表示,変更可能なレイアウト
G Suite Essentials10$会議の長さは300時間,会議の参加人数は150人,会議の改修は無制限,ブラウザからの参加,外部ユーザーの招待,ネイティブモバイルアプリ,自動字幕起こし(英語のみ),画面共有と固定表示,変更可能なレイアウト,参加用電話番号(米国電話番号または国際電話番号),24時間365日対応のオンラインサポート
G Suite Enterprise Essentials要お問い合わせ会議の長さは300時間,会議の参加人数は250人,会議の改修は無制限,ブラウザからの参加,外部ユーザーの招待,ネイティブモバイルアプリ,自動字幕起こし(英語のみ),画面共有と固定表示,変更可能なレイアウト,参加用電話番号(米国電話番号または国際電話番号),10万人の視聴者にドメイン内でのライブ配信,会議の録画とGoogleドキュメントへの保存,インテリジェントなノイズキャンセル,24時間365日対応のオンラインサポート

【公式サイト】Google Hangout(グーグルハングアウト)
https://apps.google.com/intl/ja/meet/

ZOOM(ズーム)

ZOOM(ズーム)

ZOOM(ズーム)はクラウド上でビデオ通話、チャット機能が利用できるツールになります。

パソコンで利用する場合、専用のソフトウェアをダウンロードする必要があります。しかしその分、安定した通信ができるため、快適なビデオ通話ができます。スマホでもアプリのダウンロードが必要です。

1対1のビデオ通話は時間制限なく使えます。複数人の場合は最大40分、最大100人までのグループ通話を行えます。

プラン料金(月額)機能
基本無料100人の参加者までホスト可能,無制限の1対1ミーティング,グループミーティングは40分まで,ミーティング数の制限なし,チケットサポート
プロ2,000円/9名まで100人の参加者を含みます,ミーティングの時間は24時間に制限されています,ユーザー管理,管理者機能コントロール,レポーティング,カスタムパーソナルミーティングID,スケジューラーの指定,1GBのMP4/M4Aクラウド記録,REST API,Skype for Business(Lync)相互運用性
ビジネス2,700円/10名以上300名の参加者を含む,専用電話サポート(英語のみ),管理用ダッシュボード,バニティURL,業務用導入のオプション,管理されたドメイン,シングルサインオン,会社のブランディング,カスタムメール,LTI統合,クラウド記録トランスクリプト
企業2,700円/100名以上エンタープライズには500の参加者が含まれています,エンタープライズプラスには1,000の参加者が含まれています,無制限のクラウド保存,専用のカスタマーサクセスマネージャー,エグゼクティブ事業レビュー,ウェビナーとズームルームの割引バンドル

【公式サイト】ZOOM(ズーム)
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

whereby(ウェアバイ)

whereby(ウェアバイ)

whereby(ウェアバイ)はGoogle ChromeやFire Foxなどのブラウザ上でビデオ通話できるツールになります。主催者が部屋を作成し、部屋のURLを参加して欲しい人に送ります。参加者はURLをクリックするだけで参加できるので、非常に気軽にビデオ通話することができます。

特に参加する人は、whereby(ウェアバイ)に登録している、登録していないに関わらず参加できるため、始めやすいツールになっています。

ビデオ通話時は画面共有も可能です。部屋への参加を承認制にしたり、部屋にロックをかけて入れなくすることもできます。

プラン料金(月額)機能
基本(個人利用)無料/1部屋最大4人の会議参加者,読みやすい会議室リンク,デスクトップおよびモバイルアクセス,安全な会話
画面共有,部屋をロックする,YouTubeの統合
プロ(専門家の個人利用)9.99ドル/3部屋最大12人の会議参加者,読みやすい会議室リンク,ブランドルーム,録音($ 5アドオン),プレミアムサポート,プレミアム画面共有,Trello、Googleドライブ、YouTubeの統合,デスクトップおよびモバイルアクセス,安全な会話,部屋をロックする
ビジネス(企業の利用)59.99ドル/10部屋最大50人の会議参加者,カスタムドメイン,ブランドルーム,録音が含まれています,優先サポート,パーソナルルームとチームルーム,複数のユーザーと管理者,カレンダーの統合,プレミアム画面共有,Trello、Googleドライブ、YouTubeの統合,デスクトップおよびモバイルアクセス,安全な会話,部屋をロックする

【公式サイト】whereby(ウェアバイ)
https://whereby.com/

Skype(スカイプ)

Skype(スカイプ)

Skype(スカイプ)はMicrosoft officeが提供している世界でも広く知られたビデオ通話サービスになります。複数人でもビデオ通話、チャット機能も付いているため、長く利用されており信頼も厚いサービスです。

パソコンで利用する場合、専用のソフトウェアをダウンロードする必要があります。パソコンがMac・Windowsの場合でダウンロードするソフトウェアが分かれています。スマホでもアプリのダウンロードが必要です。

ビデオ通話、チャットともに最大25人で利用できます。Microsoftアカウントと連携することで画面共有やファイル共有なども可能です。

【公式サイト】Skype(スカイプ)
https://www.skype.com/ja/

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-ブログ