【2022年最新】人気・おすすめのWebマーケスクール9選

【広背筋】サッカーで相手に競り勝てる体にする筋トレメニュー

【広背筋】サッカーで相手に競り勝てる体にする筋トレメニュー
当記事の信頼性
管理人:かつさんど
  • 現役Webマーケター
    元Webディレクター
  • 東証一部上場の不動産系企業で勤務
  • 最高収益:月間30万円

サッカーが上手くなるには何が必要になるのでしょうか。

野球やテニス、バレーボールと違いサッカーは体の接触が多く激しいスポーツです。

海外の選手はテクニックだけでなくフィジカルも丈夫だからこそセットプレーに強いためFIFAランクも上位になるのではないでしょうか。

海外の選手のやっていることが必ずしも良いとは言いきれませんが、海外の選手を習って体を鍛えてみませんか。

サッカーで相手に競り勝てる体をつくる広背筋を鍛える方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

広背筋とは?

広背筋とは?

広背筋とは、体の背中の腰から腕の付け根にかけてついている筋肉です。上記の画像で説明しますと、脇の下から腰にかけてぼこっとしている部分を指します。両腕を広げた状態から閉じる時。

また両腕を前方・上方に伸ばし体に引きつけるときに使います。主に背中側に腕を動かす時に使う筋肉のことです。

鍛えることで何かを引く力を強くすることができます。また、後ろから見たときに逆三角形の形をした背中を手に入れることができジャケットやシャツ、Tシャツまでもピシッとかっこよく着こなすことができます。

運動能力だけでなく、男が上がります。

広背筋を鍛えるメリット

広背筋を鍛えるメリット

鍛えるメリットは、サッカーにおいて広背筋はセットプレーで相手の腕やユニフォームを掴むときに働きます。

さらに具体的に言えば、ドリブルすると相手がボールをインターセプトしようとしてきますよね。ボールを取られまいと腕を支えに、相手に押され負けずボールをキープできます。

また攻められているときのコーナーキックキックでは腕を支えに相手に自由に動かれないようにすることもできます。あとスローイングでは投げるフォームが安定しコントロールや飛距離もあがります。

  • セットプレーに強くなる
  • スローイングの距離が伸びる
  • キープ力(ドリブル)があがる

の3つに集約されます。

広背筋を効率的に鍛えるメニュー

広背筋を効率的に鍛えるメニュー

チンニング(懸垂)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる