WordPress入門

【初心者向け】WordPressのダウンロード方法から初期設定まで解説

2020年4月14日

【WordPress初心者】WordPressのダウンロード方法から初期設定まで解説

WordPressとは?

WordPressとは?

WordPressはウェブサイト・ブログの作成ができる無料のCMS(Content Management System:コンテンツ管理システム)です。WordPressはオープンソースソフトウェアで、利用する人の目的を問わず無料で公開されており、利用、改良、再配布などができるソフトウェアを指します。

そのためWordPressを利用することで初期の導入コストの削減に繋がったり、オープンソースのため世界中の人が開発に取り組んだり、関わっているため、インターネット上に知識やノウハウが溜まっているため柔軟な開発を行いやすいシステムです。

基本的にWordPressはHTMLやPHPといったプログラミング言語の知識がなくても、管理ができるくらい初心者の方でも使いこなせるシステムになっているため、導入ハードルも低いことが人気の理由になります。

世の中のウェブサイト・ブログの4分の1が、WordPressで構築されていると言われるぐらい、WordPressは人気があり、多くのウェブサイト・ブログで利用されています。

WordPressのダウンロード方法

WordPressのダウンロード方法

ここでは契約したサーバーにWordPressをダウンロードする方法を説明します。WordPressをダウンロードする方法は大きく2つあります。

WordPressの公式ページからダウンロードする

WordPressの公式ページ

WordPressの公式サイトからファイルをダウンロードして、FTPを利用してウェブサイトを置くサーバーにアップロードすることで、WordPressのダウンロードができます。

WordPressの公式サイトにアクセスします。右上の「WordPressを入手」の青いボタンをクリックします。

WordPressの公式ページのダウンロード画面

上記の画面がWordPressのダウンロード画面になります。画面中央の「WordPressをダウンロード」の青いボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

WordPressの公式ページのダウンロード完了画面

ダウンロードが始まると上記のダウンロードが正常に始まったことを示す画面に切り替わります。同時にパソコンのダウンロードフォルダにWordPressのファイルがダウンロードされます。

ダウンロードしたファイル名は「wordpress-5.4-ja.zip」という名前です。数字の部分は、WordPressのバージョンによって変動します。

最後にダウンロードした「wordpress-5.4-ja.zip」を自分のパソコン上で解凍して、サーバーにFTP接続でアップロードを行います。解凍を行うと「worpress」というフォルダが表示されますので、そのフォルダをサーバーにアップロードするだけです。

サーバーにFTP接続でファイルをアップロードする手順を、FTPツール「FileZilla」で説明します。

FileZilla でFTP接続したトップページ

FileZillaのアプリケーションを起動し、左上のメニューからサイトマネージャーをクリックします。サイトマネージャーはFTP接続するウェブサイトの情報を入力する管理画面になります。

FileZilla のサイトマネージャー設定画面

青枠で囲っている「ホスト名」「ポート」「ユーザー名」「パスワード」などを入力して、最後に右下の「接続」の青いボタンをクリックすることで、契約したレンタルサーバーにアクセスします。

FileZilla の画面

左側がクライアント側(自分のパソコン)で右側がサーバー側になります。基本的にはファイルを選択して、逆側にドラック&ドロップすることで、ファイルのアップロード、ダウンロードをすることができます。

FileZilla の画面

今回はクライアント側のWordpressのファイルを、レンタルサーバーにアップロードするので、左側のファイルを右側にドラック&ドロップします。

■トップページをWordPressサイトにする場合
https://ドメイン名/wp-admin/
→ルートディレクトリにファイルをアップロードする

■決めたディレクトリをWordPressサイトにする場合
https://ドメイン名/shop/wp-admin/
→新規でディレクトリを作成し、そこにファイルをアップロードする

サーバーの管理画面から自動ダウンロードする

利用しているレンタルサーバーによっては、契約後すぐに管理画面上からワンクリックでWordPressをダウンロードすることができる機能があります。

もし利用しているレンタルサーバーでWordPress簡単インストールなどの機能があれば、是非利用して下さい。

今回は私が利用しているロリポップ!のWordpress簡単インストールの機能で説明します。

ロリポップ!のトップページ

ロリポップ!のサーバーの管理画面にログインします。左メニューの「サイト作成ツール」を選択します。選択した後に、「Wordprss簡単インストール」をクリックします。

ロリポップ!のWordPress簡単インストール画面

Wordprssの基本情報を入力します。「サイトのタイトル」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」などを入力して「入力内容確認」のボタンをクリックします。

ロリポップ!のWordPress簡単インストールの確認画面

入力した情報を確認する画面になります。画面にも記載がありますが、インストール先のディレクトリに同じ名前のファイルがあると上書きされてしまうので、事前に注意しましょう。契約した直後であれば、基本問題ありません。

ロリポップ!のWordPress簡単インストールの完了画面

簡単インストールが完了すると上記の画面になります。管理者ページのURLが記載されていると思うので、お気に入り登録をしておいてください。

WordPressの管理画面にアクセス

管理者ページのURLにアクセスします。管理者ページのURLは必ず下記の形になっているので覚えておきましょう。

【管理者ページのURL】
https://ドメイン名/wp-admin/

WordPressへのログイン画面

管理者ページのURLにアクセスするとWordPressのログイン画面になります。

WordPressのダッシュボード

WordPressのダッシュボードと呼ばれるトップページになります。

WordPressの初期設定

一般設定

WordPressの一般設定

一般設定では、サイトのタイトル、キャッチフレーズ、サイトアドレスなどの基本情報を設定することができます。

WordPressのデフォルトの設定では、一般設定を一番利用します。

投稿設定

WordPressの投稿設定

投稿設定では、カテゴリーのデフォルトの設定、投稿フォーマットなど投稿に関する内容を設定できます。しかしあまり利用するような項目はないのでデフォルトのままで問題ありません。

表示設定

WordPressの表示設定

表示設定では、ウェブサイトのトップページに最新投稿・固定ページのどちらを表示させるのかなど表示に関する内容を設定できます。しかしあまり利用するような項目はないのでデフォルトのままで問題ありません。

ディスカッション設定

WordPressのディスカッション設定

ディスカッション設定では、投稿に対するコメントやメール通知、アバターに関する内容をカスタマイズできます。コメントの有無などはお好みで設定してください。

メディア設定

WordPressのメディア設定

メディア設定では、WordPressのメディアライブラリにアップロードした画像のサイズを変更することができます。

パーマリンク設定

WordPressのパーマリンク設定

パーマリンク設定では、ウェブサイト・ブログのURL構造をカスタマイズすることができます。

カスタム構造を選択した場合、URLに年月日や投稿名、カテゴリーなどを自由に設定することができます。

【パーマリンク設定】
基本
http://nuko-blog.net/test/?p=123

日付と投稿名
http://nuko-blog.net/test/2020/04/13/sample-post/

月と投稿名
http://nuko-blog.net/test/2020/04/sample-post/

数字ベース
http://nuko-blog.net/test/archives/123

投稿名
http://nuko-blog.net/test/sample-post/

カスタム構造
http://nuko-blog.net/test/%◯◯◯◯%/

プライバシー設定

WordPressのプライバシー設定

プライバシポリシーページに関する設定を行う項目になります。最新版のWordPressでは、プライバシポリシーページのテンプレートが用意されているので、ご自身のウェブサイト・ブログに合わせて内容を変更してください。

まとめ

WordPressのインストール・初期設定はとても簡単にできます。レンタルサーバーによりますが、ワンクリックでWordPressのインストールが完了するものもあるので、レンタルサーバー選びの際に確認してください。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-WordPress入門

© 2021 nukoblog