【2022年最新】人気・おすすめのWebマーケスクール9選

【WordPress】WordPressで構築したサイトにGoogleアナリティクスを簡単に設定する方法

【WordPress】WordPressで構築したサイトにGoogleアナリティクスを設定する方法
当記事の信頼性
管理人:かつさんど
  • 現役Webマーケター
    元Webディレクター
  • 東証一部上場の不動産系企業で勤務
  • 最高収益:月間30万円

ウェブサイト解析において、必ず必要な解析ツールを皆さんご存知でしょうか。

とても有名な解析ツールといえば、Googleが提供しているGoogleアナリティクスです。もうGoogleアナリティクスを入れていないウェブサイトの方が少ないぐらいですね。今回の記事では、まだ設定したことがない方に簡単にGoogleアナリティクスを設定する方法を書きます。

目次

Googleアナリティクスの設定方法

Googleアナリティクスの設定方法

WordPressプラグインを使って設定する

All in One SEO Pack」というSEO対策に有効なプラグインを利用する方法が、とても簡単に設定できるためおすすめです。

名前の通りSEOに関する機能や設定を一つのプラグインにまとめた、とても優秀なWordPressのプラグインです。

All in One SEO Packについては、別の記事で詳細な機能の解説をまとめているので是非参考にしてみてください。

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi fontawesome=”fa-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”1574″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

All in One SEO Packを使った設定方法を説明していきます。

プラグインを追加する

プラグインを追加

左のメニューから「プラグイン」をクリックして、検索窓に「All in One SEO Pack」と入力すると上記の赤枠のプラグインが表示されます。

「今すぐインストール」をクリックして、プラグインをダウンロードしてください。

プラグインの有効化

プラグインの有効化

プラグインをインストールすると、左メニューの「プラグイン」という中の「インストール済みのプラグイン」で表示されます。

WordPressのプラグインはインストールして終わりではなく、「有効化」をしなければ機能が利用できないため「有効化」というリンクをクリックしてください。

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを確認する

Googleアナリティクスの管理

まず最初にGoogleアナリティクスにログインします。

左メニューの一番下の「管理」をクリックします。

トラッキング情報

真ん中の「プロパティ」の「トラッキング情報」→「トラッキングコード」をクリックします。

トラッキングID

赤枠部分の自身のトラッキングIDを確認します。

ALL in One SEOの設定

ALL in One SEOの一般設定

プラグインの有効化が完了すると、WordPressの左メニューに「ALL in One SEO」の項目が追加されています。

左メニューの「ALL in One SEO」→「一般設定」をクリックします。

その中の「Googleアナリティクス」の「GoogleアナリティクスID」という項目にGoogleアナリティクスの管理画面で確認したトラッキングコードのIDを入力します。

これで変更を保存すれば設定完了です。

Googleアナリティクスのトラッキングコードを全ページに貼り付ける

トラッキングコード

先ほどと同じように、Googleアナリティクスにログインして左メニューの「管理」をクリックして、真ん中の「プロパティ」の「トラッキング情報」→「トラッキングコード」をクリックします。

赤枠部分に、自身のトラッキングコードが表示されます。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-122864017-1"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-122864017-1');
</script>

このトラッキングコードをコピーして、ウェブサイトのheadタグ内に貼り付けます。

具体的には</head>タグの直前が推奨されています。

注意としては、Googleアナリティクスでウェブサイトを正確に計測するために、特定のページだけでなく、全ページに貼り付ける必要があります。

正常に動作しているかGoogleアナリティクス上でチェックする

正常に動作しているかGoogleアナリティクス上でチェックする

トラッキングコードの設置が完了したら、Googleアナリティクスでチェックしましょう。

リアルタイムの概要

「リアルタイム」→「概要」から今にウェブサイトに訪れている情報が表示されます。

リアルタイムの概要

正常に計測ができていると上記赤枠にアクセスがカウントされます。

スマホなどでウェブサイトにアクセスしてみて、正しく計測できているかどうかをチェックしてください。

問題なければ設置が完了になります。

まとめ

WordPressで構築したウェブサイトであれば、プラグインを利用してGoogleアナリティクスを設定する方が簡単に設定できますのでおすすめです。

またWordPressで構築していないウェブサイトであっても、トラッキングコードを貼り付けるだけなので是非トライしていただければと思います。

Googleアナリティクスはウェブサイトを解析する上で、必須ツールになるので設定していない方は是非この機会に設定してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる