WordPress入門

この記事を書いた人を表示させるWordPressのプロフィール設定

2020年8月30日

この記事を書いた人を表示させるWordPressのプロフィール設定

今回はブログやメディアでよく見かける「この記事を書いた人」というプロフィールを表示させる設定を説明していきます。

WordPressサイトであれば簡単に表示できます。

記事、サイトで「この記事を書いた人」を表示させることで、信頼性や専門性をユーザーにアピールするために活用していきましょう。

WordPressのプロフィールとは

WordPressのプロフィール

WordPressのプロフィールは上記画像のように、自己紹介文やプロフィール画像を設定することができます。詳細なプロフィールページがある場合は、ボタンも設置することでユーザーを誘導しやすくなります。

実際ブログやメディアでは、サイドバーに自己紹介を載せたり、記事の末文に「この記事を書いた人」を載せている人が多いです。

共同でサイト・ブログを運営している場合など、ユーザーに記事の執筆者を明確に伝えることもできます。

プロフィールを設定するメリット

プロフィールを表示させることで、サイトに訪れたユーザーに対して以下のメリットがあります。

プロフィールを設定するメリット
  • ユーザーにサイト、運営者に興味を持ってもらいやすくなる
  • 記事、サイトの信頼性・専門性をアピールできる
  • 記事の執筆者が違う場合、執筆者を明確にできる

プロフィールの設定方法

あなたのプロフィール

WordPressの左メニューから「ユーザー」→「あなたのプロフィール」を選択します。

あなたについて

「あなたについて」がプロフィール情報が自己紹介やサイトの説明などを入力する項目になります。

プロフィール画像

「プロフィール画像」がプロフィールの画像を設定する項目になります。WordPressのメディアに画像をアップロードして画像のURLを選択することで設定できます。

プロフィールページが既にある場合は、「プロフィールページURL」にURLを入力することで、テキストリンクを設置できます。

実際のプロフィールの表示

サイドバーに自己紹介を載せたり、記事の末文に「この記事を書いた人」を載せた場合のサイトの表示を見てみましょう。

当ブログはWordPressテーマのcocconを使っているので、ご自身のテーマによって表示が異なるかと思います。

サイドバーのプロフィール表示

サイドバーのプロフィール表示

この記事を書いた人

この記事を書いた人

ユーザーの追加方法

「この記事を書いた人」を分ける場合、複数のユーザーを作つ必要があります。

ユーザーの追加方法はとても簡単です。

ユーザーの追加方法

WordPressの左メニューから「ユーザー」→「新規追加」を選択します。「ユーザー一覧」から「新規追加」することもできます。

新規ユーザーを追加

ユーザーに必要な最低限の情報を入力するのみです。「ユーザー名」「メールアドレス」は必須です。

プロフィール画像が表示されない時

ディスカッション

WordPressの左メニューから「設定」→「ディスカッション」を選択します。

アバター

「アバターの表示」にチェックが入っていない可能性があります。チェックを入れると、ユーザーのプロフィールで設定した画像が表示されます。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-WordPress入門

© 2021 nukoblog