プラグイン

【2020年度版】WordPressブログ向け!WordPressの目的別のおすすめプラグイン30選

2020年4月3日

【2020年度版】WordPressブログ向け!WordPressの目的別のおすすめプラグイン30選

WordPressはブログツールとして、多くの方に利用されており、併せてWordPressの機能を拡張する様々なプラグインが開発されています。

プラグインはとても簡単にすばやくあらゆる機能を追加することができ、デフォルトのWordPressではできないような機能を追加することができます。

Webに知見がある人や自分でウェブサイトをカスタマイズしている人は、検索で調べて自分でプラグインを入れている方が多いと思います。

今回は2020年度版として、ブログ運営者向けにWordPressのおすすめ拡張機能をご紹介します。

目次

プラグインの入れ過ぎに注意する

プラグインの入れ過ぎに注意する

大変便利なWordPressのプラグインですが、入れ過ぎは避けるべきです。

他のサイトでも同様のことを書いている方が多いと思います。

なぜ避けるべきかと言うと主に下記が理由になります。

プラグインを入れすぎを避ける理由

  • プラグイン同士で干渉し、ウェブサイトに不具合が生じる
  • WordPressとプラグインのバージョンが合わず不具合が生じる
  • 更新されていないプラグインだとセキュリティー的に不安になる
  • ウェブサイトが重くなる
  • プラグインの管理ができなくなる

あるあるなのが、プラグインを入れてウェブサイトが真っ白になるなど致命的な不具合が発生するケースです。

そのためできるかぎりプラグインは厳選して、インストールする様にしましょう。

プラグインの数の目安としては、10個程が安心かと思います。多くても最大15個程にするのが良いと思います。

目的別おすすめWordPressプラグイン

サイト運営必須プラグイン

日本語文字化け対策「WP Multibyte Patch」

日本語文字化け対策「WP Multibyte Patch」

WP Multibyte Patchの概要

英語圏で作られているWordPressを日本語環境でも正しく動作させるためのプラグインです。日本語のようなマルチバイト文字を利用する場合は不具合が起きやすいため、WordPressで構築した日本語のウェブサイトであれば、必須で入れておきたいプラグインです。

WP Multibyte Patchの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • メール送信、添付ファイル名などで文字化けを防止
  • ウェブサイトの検索で全角スペースを可能にする

WP Multibyte Patchダウンロード先

【WordPress公式】WP Multibyte Patch
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-multibyte-patch/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】日本語文字化け対策「WP Multibyte Patch」の設定方法
【WordPressプラグイン】日本語文字化け対策「WP Multibyte Patch」の設定方法

続きを見る

XMLサイトマップ送信「Google XML Sitemaps」

XMLサイトマップ送信「Google XML Sitemaps」

Google XML Sitemapsの概要

ウェブサイトのクロールを促進するために、XMLサイトマップの自動作成、GoogleやBingなどの検索エンジンに更新を通知をしてくれるプラグインです。

Google XML Sitemapsの特徴

  • XMLサイトマップの自動作成
  • GoogleやBingなどの検索エンジンに更新を通知
  • 更新を通知する際に、更新頻度や優先順位を細かく設定できる

Google XML Sitemapsのダウンロード先

【WordPress公式】Google XML Sitemaps
https://ja.wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】XMLサイトマップが自動で作成され、クローラーの巡回を促す「Google XML Sitemaps」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】XMLサイトマップが自動で作成され、クローラーの巡回を促す「Google XML Sitemaps」の設定・使い方

続きを見る

画像サイズの圧縮「EWWW Image Optimizer」

画像サイズの圧縮「EWWW Image Optimizer」

EWWW Image Optimizerの概要

EWWW Image Optimizerは画像ファイルの自動圧縮、今までに WordPressにアップロードした画像ファイルの一括圧縮ができるプラグインです。

EWWW Image Optimizerの特徴

  • 画像ファイルの自動圧縮
  • WordPressの画像ファイルの一括圧縮
  • SEO対策として画像の圧縮で読み込み速度の改善

EWWW Image Optimizerのダウンロード先

【WordPress公式】EWWW Image Optimizer
https://ja.wordpress.org/plugins/ewww-image-optimizer/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】画像サイズの自動圧縮・一括圧縮ができる「EWWW Image Optimizer」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】画像サイズの自動圧縮・一括圧縮ができる「EWWW Image Optimizer」の設定・使い方

続きを見る

WordPressサイトのSEO対策「All In One SEO Pack」

WordPressサイトのSEO対策「All In One SEO Pack」

All In One SEO Packの概要

All In One SEO PackはWordPressで作成したウェブサイトの全体的なSEO対策ができるプラグインです。必要なSEO対策がこのプラグイン1つで実装できます。

All In One SEO Packの特徴

  • SEO対策でメタ要素の設定(meta title・meta descriptionなど)
  • XMLサイトマップの作成
  • ソーシャルメディア連携
  • ウェブマスターツール連携
  • Robots.txtでクローラーの制御

All In One SEO Packのダウンロード先

【WordPress公式】All In One SEO Pack
https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPressサイトのSEO対策ができる「All In One SEO Pack」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPressサイトのSEO対策ができる「All In One SEO Pack」の設定・使い方

続きを見る

記事のバージョン管理「WP Revision Control」

記事のバージョン管理「Revision Control」

WP Revision Controlの概要

Revision Controlは記事の編集履歴をバージョン管理できるプラグインです。具体的にはあるページを本日編集したが、昨日の編集した次点の状態に戻したりすることができます。WordPressにはバージョン管理を持っているが、更新の回数が増えるとパフォーマンスに影響が出る可能性があるため、バージョンの管理ができる環境にする必要がある。

WP Revision Controlの特徴

  • 記事データのバージョン管理
  • バージョン管理の数を設定することができる

WP Revision Controlのダウンロード先

【WordPress公式】WP Revision Control
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-revisions-control/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事のバージョン管理「WP Revision Control」ワンクリックで以前のデータに復元できる!
【WordPressプラグイン】記事のバージョン管理「WP Revision Control」ワンクリックで以前のデータに復元できる!

続きを見る

セキュリティ&SEO対策「Jetpack by WordPress.com」

セキュリティ&SEO対策「Jetpack by WordPress.com」

Jetpack by WordPress.comの概要

Jetpack by WordPress.comはウェブサイトの管理、パフォーマンス検証(アクセス解析)、SEO対策、セキュリティーなどWordPressで構築したウェブサイトの便利な機能を1つにまとめたプラグインになります。
ただ全ての機能が有効にする必要はなく、自身のウェブサイトに合わせて必要な機能のみ利用するようにしましょう。

Jetpack by WordPress.comの特徴

  • ウェブサイトの管理
  • ウェブサイトのパフォーマンス検証(アクセス解析)
  • SEO対策で読み込み速度の改善
  • スパム対策、ダウンタイム監視など
  • 悪意のある脅威の検知、バックアップ ※有料プランのみ

Jetpack by WordPress.comのダウンロード先

【WordPress公式】Jetpack by WordPress.com
https://ja.wordpress.org/plugins/jetpack/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】セキュリティ&SEO対策の両方ができる「Jetpack by WordPress.com」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】セキュリティ&SEO対策の両方ができる「Jetpack by WordPress.com」の設定・使い方

続きを見る

投稿効率化プラグイン

記事編集エディターの機能拡張ができる「TinyMCE Advanced」

記事編集エディターの機能拡張ができる「TinyMCE Advanced」

TinyMCE Advancedの概要

TinyMCE AdvancedはWordPressの記事作成画面のビジュアルエディターの機能を拡張することができるプラグインです。

TinyMCE Advancedの特徴

  • ビジュアルエディターの機能拡張、レイアウトの編集
    フォントカラー、文字の背景色、フォントサイズ、テーブルや表、Youtube動画の埋め込みなど

TinyMCE Advancedのダウンロード先

【WordPress公式ページ】TinyMCE Advanced
https://ja.wordpress.org/plugins/tinymce-advanced/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事編集エディターの機能拡張ができる「TinyMCE Advanced」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】記事編集エディターの機能拡張ができる「TinyMCE Advanced」の設定・使い方

続きを見る

クイックタグの挿入「AddQuicktag」

クイックタグの挿入「AddQuicktag」

AddQuicktagの概要

AddQuicktagは記事内でよく利用するショートコードや長い文章など、ワンアクションで簡単に素早く追加することができるプラグインです。

AddQuicktagの特徴

  • よく利用するショートコードや長い文章がワンアクションで追加できる

AddQuicktagのダウンロード先

【WordPress公式】AddQuicktag
https://ja.wordpress.org/plugins/addquicktag/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】よく利用するコードや長い文章がワンアクションで挿入できる「AddQuicktag」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】よく利用するコードや長い文章がワンアクションで挿入できる「AddQuicktag」の設定・使い方

続きを見る

一覧画面で記事の複製ができる「Duplicate Post」

一覧画面で記事の複製ができる「Duplicate Post」

Duplicate Postの概要

Duplicate PostはWordPressの記事一覧画面でワンクリックで記事の複製ができるプラグインです。WordPressの標準では、記事の複製ができないため、同じような構成だったとしても1から作る必要があるため、このプラグインを入れることで時間短縮ができます。

Duplicate Postの特徴

  • 投稿や固定ページなどが一覧画面で複製できる

Duplicate Postのダウンロード先

【WordPress公式】Duplicate Post
https://ja.wordpress.org/plugins/duplicate-post/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】一覧画面で記事の複製が簡単にできる「Duplicate Post」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】一覧画面で記事の複製が簡単にできる「Duplicate Post」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

WordPressのセキュリティ対策「SiteGuard WP Plugin」

WordPressのセキュリティ対策「SiteGuard WP Plugin」

SiteGuard WP Pluginの概要

SiteGuard WP Pluginは、オープンソースであるWordPressのセキュリティーを向上させるプラグインです。WordPressの管理画面ページへの不正アクセスや不正ログインの防止やコメントスパムに対して効果を発揮するプラグインです。

SiteGuard WP Pluginの特徴

  • 不正ログイン、不正アクセスの防止
  • コメントスパム対策
  • WordPress、プラグイン、テーマの更新のメール通知

SiteGuard WP Pluginのダウンロード先

【WordPress公式】SiteGuard WP Plugin
https://ja.wordpress.org/plugins/siteguard/

こちらもCHECK

【WordPress初心者】WordPressのセキュリティ対策ができる「SiteGuard WP Plugin」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPressのセキュリティ対策ができる「SiteGuard WP Plugin」の設定・使い方

続きを見る

WordPressのバックアップ「BackWPup」

WordPressのバックアップ「BackWPup」
WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

続きを見る

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

W3 Total Cacheの概要

W3 Total CacheはWordPressで構築したウェブサイトで、サーバーの設定・キャッシュを利用して、表示速度を改善するプラグインになります。

注意

【注意】利用しているサーバーのスペックが低い場合、W3 Total Cacheをインストールすることで不具合が起こるケースがあるようです。インストールする前に、バックアップを取ってから作業するように注意しましょう。

W3 Total Cacheの特徴

  • SEO対策としてサーバー設定・キャッシュで表示速度の改善
  • 初期の設定が少し難しい

W3 Total Cacheのダウンロード先

【WordPress公式】W3 Total Cache
https://ja.wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」
【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善できる「W3 Total Cache」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

続きを見る

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

Lazy Loadの概要

Lazy Loadは、WordPressで構築したウェブサイトの画像の読み込み遅延を実装してくれるプラグインです。ウェブサイトに多くの画像を掲載していると、ウェブサイト全体の読み込み速度が遅くなってしまうことがあります。Lazy Loadをインストールすることで、画像読み込みを制限するため、ウェブサイトの表示速度の改善に繋がります。

Lazy Loadの特徴

  • 基本的に初期設定が不要
  • 画像の読み込み遅延が設定できる
  • SEO対策として画像の読み込み遅延で表示速度の改善

Lazy Loadのダウンロード先

【WordPress公式】Lazy Load
https://wordpress.org/plugins/lazy-load/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法
【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法

続きを見る

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

W3 Total Cacheの概要

W3 Total CacheはWordPressで構築したウェブサイトで、サーバーの設定・キャッシュを利用して、表示速度を改善するプラグインになります。

注意

【注意】利用しているサーバーのスペックが低い場合、W3 Total Cacheをインストールすることで不具合が起こるケースがあるようです。インストールする前に、バックアップを取ってから作業するように注意しましょう。

W3 Total Cacheの特徴

  • SEO対策としてサーバー設定・キャッシュで表示速度の改善
  • 初期の設定が少し難しい

W3 Total Cacheのダウンロード先

【WordPress公式】W3 Total Cache
https://ja.wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」
【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善できる「W3 Total Cache」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

続きを見る

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

Advanced Adsの概要

Advanced AdsはWordPressで構築したウェブサイトにGoogleアドセンスの広告を簡単に設置することができるプラグインです。一般的に表示されている記事上、記事内、サイドバーなどに広告を掲載することができます。ショートコードを利用すれば、ウェブサイトのどこにでも広告を掲載することができるようになります。

Advanced Adsの特徴

  • ウェブサイトにGoogleアドセンスの広告の表示ができる
  • 記事上、記事内、サイドバーなど広告の掲載位置のカスタマイズが可能

Advanced Adsのダウンロード先

【WordPress公式】Advanced Ads
https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-ads/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleアドセンスの広告を「Advanced Ads」で掲載する設定・使い方

続きを見る

楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」

Rinkerの概要

RinkerはWordPressで楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示することができます。特に商品を紹介するような、アフィリエイトブログ・記事であれば、とても役立つWordPressプラグインです。※ダウンロードにはBOOTHアカウントが必要です。

Rinkerの特徴

  • 楽天、Amazonの商品リンクを簡単に表示できる
  • Yahoo!ショッピングも対応(バリューコマース、もしもアフィリエイト)
  • Google アナリティクスのトラッキングが可能

Rinkerのダウンロード先

【BOOTH公式】Rinker
https://rinker.booth.pm/items/891465

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方

続きを見る

SEO対策(表示速度改善)プラグイン

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

Lazy Loadの概要

Lazy Loadは、WordPressで構築したウェブサイトの画像の読み込み遅延を実装してくれるプラグインです。ウェブサイトに多くの画像を掲載していると、ウェブサイト全体の読み込み速度が遅くなってしまうことがあります。Lazy Loadをインストールすることで、画像読み込みを制限するため、ウェブサイトの表示速度の改善に繋がります。

Lazy Loadの特徴

  • 基本的に初期設定が不要
  • 画像の読み込み遅延が設定できる
  • SEO対策として画像の読み込み遅延で表示速度の改善

Lazy Loadのダウンロード先

【WordPress公式】Lazy Load
https://wordpress.org/plugins/lazy-load/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法
【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法

続きを見る

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

W3 Total Cacheの概要

W3 Total CacheはWordPressで構築したウェブサイトで、サーバーの設定・キャッシュを利用して、表示速度を改善するプラグインになります。

注意

【注意】利用しているサーバーのスペックが低い場合、W3 Total Cacheをインストールすることで不具合が起こるケースがあるようです。インストールする前に、バックアップを取ってから作業するように注意しましょう。

W3 Total Cacheの特徴

  • SEO対策としてサーバー設定・キャッシュで表示速度の改善
  • 初期の設定が少し難しい

W3 Total Cacheのダウンロード先

【WordPress公式】W3 Total Cache
https://ja.wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」
【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善できる「W3 Total Cache」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

続きを見る

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

WP Social Bookmarking Lightの概要

WP Social Bookmarking LightはFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで拡散するためのシェアボタンを表示できるプラグインです。ソーシャルメディアの特性である拡散性を最大限活かすためにも、シャアボタンは表示させるべきかと思います。

WP Social Bookmarking Lightの特徴

  • ウェブサイトにソーシャルメディアのシェアボタンの表示ができる
    Facebook、Twitter、はてなブックマーク、Google Plus One、Pocketなど

WP Social Bookmarking Lightのダウンロード先

【WordPress公式】WP Social Bookmarking Light
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-social-bookmarking-light/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方

続きを見る

広告用プラグイン

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Advanced Adsの概要

Advanced AdsはWordPressで構築したウェブサイトにGoogleアドセンスの広告を簡単に設置することができるプラグインです。一般的に表示されている記事上、記事内、サイドバーなどに広告を掲載することができます。ショートコードを利用すれば、ウェブサイトのどこにでも広告を掲載することができるようになります。

Advanced Adsの特徴

  • ウェブサイトにGoogleアドセンスの広告の表示ができる
  • 記事上、記事内、サイドバーなど広告の掲載位置のカスタマイズが可能

Advanced Adsのダウンロード先

【WordPress公式】Advanced Ads
https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-ads/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleアドセンスの広告を「Advanced Ads」で掲載する設定・使い方

続きを見る

楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」

Rinkerの概要

RinkerはWordPressで楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示することができます。特に商品を紹介するような、アフィリエイトブログ・記事であれば、とても役立つWordPressプラグインです。※ダウンロードにはBOOTHアカウントが必要です。

Rinkerの特徴

  • 楽天、Amazonの商品リンクを簡単に表示できる
  • Yahoo!ショッピングも対応(バリューコマース、もしもアフィリエイト)
  • Google アナリティクスのトラッキングが可能

Rinkerのダウンロード先

【BOOTH公式】Rinker
https://rinker.booth.pm/items/891465

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方

続きを見る

SEO対策(表示速度改善)プラグイン

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

Lazy Loadの概要

Lazy Loadは、WordPressで構築したウェブサイトの画像の読み込み遅延を実装してくれるプラグインです。ウェブサイトに多くの画像を掲載していると、ウェブサイト全体の読み込み速度が遅くなってしまうことがあります。Lazy Loadをインストールすることで、画像読み込みを制限するため、ウェブサイトの表示速度の改善に繋がります。

Lazy Loadの特徴

  • 基本的に初期設定が不要
  • 画像の読み込み遅延が設定できる
  • SEO対策として画像の読み込み遅延で表示速度の改善

Lazy Loadのダウンロード先

【WordPress公式】Lazy Load
https://wordpress.org/plugins/lazy-load/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法
【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法

続きを見る

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

W3 Total Cacheの概要

W3 Total CacheはWordPressで構築したウェブサイトで、サーバーの設定・キャッシュを利用して、表示速度を改善するプラグインになります。

注意

【注意】利用しているサーバーのスペックが低い場合、W3 Total Cacheをインストールすることで不具合が起こるケースがあるようです。インストールする前に、バックアップを取ってから作業するように注意しましょう。

W3 Total Cacheの特徴

  • SEO対策としてサーバー設定・キャッシュで表示速度の改善
  • 初期の設定が少し難しい

W3 Total Cacheのダウンロード先

【WordPress公式】W3 Total Cache
https://ja.wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」
【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善できる「W3 Total Cache」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

続きを見る

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

LIQUID SPEECH BALLOONの概要

LIQUID SPEECH BALLOONは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内に会話形式の吹き出しを表示ができるプラグインです。LIQUID SPEECH BALLOONはGutenbergビジュアルエディターで作成できます。

LIQUID SPEECH BALLOONの特徴

  • ウェブサイトに会話形式の吹き出しの表示ができる
  • 吹き出しは写真、向き、色、サイズなど細かな設定が可能

LIQUID SPEECH BALLOONのダウンロード先

【WordPress公式】LIQUID SPEECH BALLOON
https://ja.wordpress.org/plugins/liquid-speech-balloon/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」の設定方法・使い方

続きを見る

ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」

ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」

WP Social Bookmarking Lightの概要

WP Social Bookmarking LightはFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで拡散するためのシェアボタンを表示できるプラグインです。ソーシャルメディアの特性である拡散性を最大限活かすためにも、シャアボタンは表示させるべきかと思います。

WP Social Bookmarking Lightの特徴

  • ウェブサイトにソーシャルメディアのシェアボタンの表示ができる
    Facebook、Twitter、はてなブックマーク、Google Plus One、Pocketなど

WP Social Bookmarking Lightのダウンロード先

【WordPress公式】WP Social Bookmarking Light
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-social-bookmarking-light/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方

続きを見る

広告用プラグイン

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Advanced Adsの概要

Advanced AdsはWordPressで構築したウェブサイトにGoogleアドセンスの広告を簡単に設置することができるプラグインです。一般的に表示されている記事上、記事内、サイドバーなどに広告を掲載することができます。ショートコードを利用すれば、ウェブサイトのどこにでも広告を掲載することができるようになります。

Advanced Adsの特徴

  • ウェブサイトにGoogleアドセンスの広告の表示ができる
  • 記事上、記事内、サイドバーなど広告の掲載位置のカスタマイズが可能

Advanced Adsのダウンロード先

【WordPress公式】Advanced Ads
https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-ads/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleアドセンスの広告を「Advanced Ads」で掲載する設定・使い方

続きを見る

楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」

Rinkerの概要

RinkerはWordPressで楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示することができます。特に商品を紹介するような、アフィリエイトブログ・記事であれば、とても役立つWordPressプラグインです。※ダウンロードにはBOOTHアカウントが必要です。

Rinkerの特徴

  • 楽天、Amazonの商品リンクを簡単に表示できる
  • Yahoo!ショッピングも対応(バリューコマース、もしもアフィリエイト)
  • Google アナリティクスのトラッキングが可能

Rinkerのダウンロード先

【BOOTH公式】Rinker
https://rinker.booth.pm/items/891465

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方

続きを見る

SEO対策(表示速度改善)プラグイン

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

Lazy Loadの概要

Lazy Loadは、WordPressで構築したウェブサイトの画像の読み込み遅延を実装してくれるプラグインです。ウェブサイトに多くの画像を掲載していると、ウェブサイト全体の読み込み速度が遅くなってしまうことがあります。Lazy Loadをインストールすることで、画像読み込みを制限するため、ウェブサイトの表示速度の改善に繋がります。

Lazy Loadの特徴

  • 基本的に初期設定が不要
  • 画像の読み込み遅延が設定できる
  • SEO対策として画像の読み込み遅延で表示速度の改善

Lazy Loadのダウンロード先

【WordPress公式】Lazy Load
https://wordpress.org/plugins/lazy-load/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法
【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法

続きを見る

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

W3 Total Cacheの概要

W3 Total CacheはWordPressで構築したウェブサイトで、サーバーの設定・キャッシュを利用して、表示速度を改善するプラグインになります。

注意

【注意】利用しているサーバーのスペックが低い場合、W3 Total Cacheをインストールすることで不具合が起こるケースがあるようです。インストールする前に、バックアップを取ってから作業するように注意しましょう。

W3 Total Cacheの特徴

  • SEO対策としてサーバー設定・キャッシュで表示速度の改善
  • 初期の設定が少し難しい

W3 Total Cacheのダウンロード先

【WordPress公式】W3 Total Cache
https://ja.wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」
【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善できる「W3 Total Cache」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

続きを見る

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

Breadcrumb NavXTの概要

Breadcrumb NavXTはユーザーがウェブサイトのどこにいるのか分かりやすくするパンくずリストの表示ができるプラグインです。表示する階層には、カテゴリーやタグを含めること設定も可能です。

Breadcrumb NavXTの特徴

  • ウェブサイトにパンくずリストの表示ができる

Breadcrumb NavXTのダウンロード先

【WordPress公式】Breadcrumb NavXT
https://ja.wordpress.org/plugins/breadcrumb-navxt/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】パンくずリストの表示ができる「Breadcrumb NavXT」の設定方法
【WordPressプラグイン】パンくずリストの表示ができる「Breadcrumb NavXT」の設定方法

続きを見る

記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」

記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」

LIQUID SPEECH BALLOONの概要

LIQUID SPEECH BALLOONは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内に会話形式の吹き出しを表示ができるプラグインです。LIQUID SPEECH BALLOONはGutenbergビジュアルエディターで作成できます。

LIQUID SPEECH BALLOONの特徴

  • ウェブサイトに会話形式の吹き出しの表示ができる
  • 吹き出しは写真、向き、色、サイズなど細かな設定が可能

LIQUID SPEECH BALLOONのダウンロード先

【WordPress公式】LIQUID SPEECH BALLOON
https://ja.wordpress.org/plugins/liquid-speech-balloon/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」の設定方法・使い方

続きを見る

ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」

ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」

WP Social Bookmarking Lightの概要

WP Social Bookmarking LightはFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで拡散するためのシェアボタンを表示できるプラグインです。ソーシャルメディアの特性である拡散性を最大限活かすためにも、シャアボタンは表示させるべきかと思います。

WP Social Bookmarking Lightの特徴

  • ウェブサイトにソーシャルメディアのシェアボタンの表示ができる
    Facebook、Twitter、はてなブックマーク、Google Plus One、Pocketなど

WP Social Bookmarking Lightのダウンロード先

【WordPress公式】WP Social Bookmarking Light
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-social-bookmarking-light/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方

続きを見る

広告用プラグイン

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Advanced Adsの概要

Advanced AdsはWordPressで構築したウェブサイトにGoogleアドセンスの広告を簡単に設置することができるプラグインです。一般的に表示されている記事上、記事内、サイドバーなどに広告を掲載することができます。ショートコードを利用すれば、ウェブサイトのどこにでも広告を掲載することができるようになります。

Advanced Adsの特徴

  • ウェブサイトにGoogleアドセンスの広告の表示ができる
  • 記事上、記事内、サイドバーなど広告の掲載位置のカスタマイズが可能

Advanced Adsのダウンロード先

【WordPress公式】Advanced Ads
https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-ads/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleアドセンスの広告を「Advanced Ads」で掲載する設定・使い方

続きを見る

楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」

Rinkerの概要

RinkerはWordPressで楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示することができます。特に商品を紹介するような、アフィリエイトブログ・記事であれば、とても役立つWordPressプラグインです。※ダウンロードにはBOOTHアカウントが必要です。

Rinkerの特徴

  • 楽天、Amazonの商品リンクを簡単に表示できる
  • Yahoo!ショッピングも対応(バリューコマース、もしもアフィリエイト)
  • Google アナリティクスのトラッキングが可能

Rinkerのダウンロード先

【BOOTH公式】Rinker
https://rinker.booth.pm/items/891465

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方

続きを見る

SEO対策(表示速度改善)プラグイン

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

Lazy Loadの概要

Lazy Loadは、WordPressで構築したウェブサイトの画像の読み込み遅延を実装してくれるプラグインです。ウェブサイトに多くの画像を掲載していると、ウェブサイト全体の読み込み速度が遅くなってしまうことがあります。Lazy Loadをインストールすることで、画像読み込みを制限するため、ウェブサイトの表示速度の改善に繋がります。

Lazy Loadの特徴

  • 基本的に初期設定が不要
  • 画像の読み込み遅延が設定できる
  • SEO対策として画像の読み込み遅延で表示速度の改善

Lazy Loadのダウンロード先

【WordPress公式】Lazy Load
https://wordpress.org/plugins/lazy-load/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法
【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法

続きを見る

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

W3 Total Cacheの概要

W3 Total CacheはWordPressで構築したウェブサイトで、サーバーの設定・キャッシュを利用して、表示速度を改善するプラグインになります。

注意

【注意】利用しているサーバーのスペックが低い場合、W3 Total Cacheをインストールすることで不具合が起こるケースがあるようです。インストールする前に、バックアップを取ってから作業するように注意しましょう。

W3 Total Cacheの特徴

  • SEO対策としてサーバー設定・キャッシュで表示速度の改善
  • 初期の設定が少し難しい

W3 Total Cacheのダウンロード先

【WordPress公式】W3 Total Cache
https://ja.wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」
【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善できる「W3 Total Cache」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

続きを見る

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

Akismet Anti-Spamの概要

Akismet Anti-Spamは悪意のあるようなスパムコメントやトラックバックに対して、自動で専用のスパムフォルダに割り振りを行ってくれるプラグインです。

Akismet Anti-Spamの特徴

  • スパムコメントやトラックバックを防止

Akismet Anti-Spamのダウンロード先

【WordPress公式】Akismet Anti-Spam
https://ja.wordpress.org/plugins/akismet/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コメントスパム対策「Akismet Anti-Spam」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】コメントスパム対策「Akismet Anti-Spam」の設定・使い方

続きを見る

必要に応じていれるべきプラグイン

ウェブサイト・記事の表示拡張プラグイン

記事内に目次表示「Table of Contents Plus」

記事内に目次表示「Table of Contents Plus」

Table of Contents Plusの概要

Table of Contents Plusは、投稿や固定ページ内に自動的に目次を表示してくれるプラグインです。初期設定させ済ませば、h1からh6までのHTMLの見出しタグから自動で目次を表示することができます。その他にも目次に表示させない見出しの設定や表示位置・表示内容など詳細な設定が可能です。

Table of Contents Plusの特徴

  • 記事内に自動で目次を表示
  • 目次の表示に関する細かな設定が可能
  • 全ページのサイトマップの自動作成

Table of Contents Plusのダウンロード先

【WordPress公式】Table of Contents Plus
https://ja.wordpress.org/plugins/table-of-contents-plus/

人気記事の表示「WordPress Popular Posts」

人気記事の表示「WordPress Popular Posts」

WordPress Popular Postsの概要

WordPress Popular Postsは、WordPressで構築したウェブサイト上にサムネイル付きの人気記事を表示させることができるプラグインです。過去24時間や過去7日間など特定の期間の指定した上で人気記事を一覧表示させることも可能です。

WordPress Popular Postsの特徴

  • ウェブサイトに人気記事の表示ができる
  • 人気記事の集計期間の設定が可能
  • ウィジェットからサイドバーやフッターなど表示位置のカスタマイズが可能

WordPress Popular Postsのダウンロード先

【WordPress公式】WordPress Popular Posts
https://ja.wordpress.org/plugins/wordpress-popular-posts/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】人気記事の表示「WordPress Popular Posts」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】人気記事の表示「WordPress Popular Posts」の設定方法・使い方

続きを見る

関連記事の表示「Yet Another Related Posts Plugin」

関連記事の表示「Yet Another Related Posts Plugin」

Yet Another Related Posts Pluginの概要

Yet Another Related Posts Pluginは、WordPressで構築したウェブサイト上にサムネイル付きの関連記事を表示させることができるプラグインです。関連スコア設定でタイトルや内容で、表示する記事の精度を設定できます。もちろん特定のカテゴリーやタグの記事を表示させないフィルター設定もあります。

Yet Another Related Posts Pluginの特徴

  • ウェブサイトに関連記事の表示ができる
  • 関連スコアで表示する記事のカスタマイズが可能
  • フィルター設定で除外する記事のカスタマイズが可能

Yet Another Related Posts Pluginのダウンロード先

【WordPress公式】Yet Another Related Posts Plugin
https://ja.wordpress.org/plugins/yet-another-related-posts-plugin/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】関連記事の表示「Yet Another Related Posts Plugin」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】関連記事の表示「Yet Another Related Posts Plugin」の設定方法・使い方

続きを見る

パンくずリストの表示「Breadcrumb NavXT」

パンくずリストの表示「Breadcrumb NavXT」

Breadcrumb NavXTの概要

Breadcrumb NavXTはユーザーがウェブサイトのどこにいるのか分かりやすくするパンくずリストの表示ができるプラグインです。表示する階層には、カテゴリーやタグを含めること設定も可能です。

Breadcrumb NavXTの特徴

  • ウェブサイトにパンくずリストの表示ができる

Breadcrumb NavXTのダウンロード先

【WordPress公式】Breadcrumb NavXT
https://ja.wordpress.org/plugins/breadcrumb-navxt/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】パンくずリストの表示ができる「Breadcrumb NavXT」の設定方法
【WordPressプラグイン】パンくずリストの表示ができる「Breadcrumb NavXT」の設定方法

続きを見る

記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」

記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」

LIQUID SPEECH BALLOONの概要

LIQUID SPEECH BALLOONは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内に会話形式の吹き出しを表示ができるプラグインです。LIQUID SPEECH BALLOONはGutenbergビジュアルエディターで作成できます。

LIQUID SPEECH BALLOONの特徴

  • ウェブサイトに会話形式の吹き出しの表示ができる
  • 吹き出しは写真、向き、色、サイズなど細かな設定が可能

LIQUID SPEECH BALLOONのダウンロード先

【WordPress公式】LIQUID SPEECH BALLOON
https://ja.wordpress.org/plugins/liquid-speech-balloon/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」の設定方法・使い方

続きを見る

ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」

ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」

WP Social Bookmarking Lightの概要

WP Social Bookmarking LightはFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで拡散するためのシェアボタンを表示できるプラグインです。ソーシャルメディアの特性である拡散性を最大限活かすためにも、シャアボタンは表示させるべきかと思います。

WP Social Bookmarking Lightの特徴

  • ウェブサイトにソーシャルメディアのシェアボタンの表示ができる
    Facebook、Twitter、はてなブックマーク、Google Plus One、Pocketなど

WP Social Bookmarking Lightのダウンロード先

【WordPress公式】WP Social Bookmarking Light
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-social-bookmarking-light/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方

続きを見る

広告用プラグイン

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Advanced Adsの概要

Advanced AdsはWordPressで構築したウェブサイトにGoogleアドセンスの広告を簡単に設置することができるプラグインです。一般的に表示されている記事上、記事内、サイドバーなどに広告を掲載することができます。ショートコードを利用すれば、ウェブサイトのどこにでも広告を掲載することができるようになります。

Advanced Adsの特徴

  • ウェブサイトにGoogleアドセンスの広告の表示ができる
  • 記事上、記事内、サイドバーなど広告の掲載位置のカスタマイズが可能

Advanced Adsのダウンロード先

【WordPress公式】Advanced Ads
https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-ads/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleアドセンスの広告を「Advanced Ads」で掲載する設定・使い方

続きを見る

楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」

Rinkerの概要

RinkerはWordPressで楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示することができます。特に商品を紹介するような、アフィリエイトブログ・記事であれば、とても役立つWordPressプラグインです。※ダウンロードにはBOOTHアカウントが必要です。

Rinkerの特徴

  • 楽天、Amazonの商品リンクを簡単に表示できる
  • Yahoo!ショッピングも対応(バリューコマース、もしもアフィリエイト)
  • Google アナリティクスのトラッキングが可能

Rinkerのダウンロード先

【BOOTH公式】Rinker
https://rinker.booth.pm/items/891465

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方

続きを見る

SEO対策(表示速度改善)プラグイン

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

Lazy Loadの概要

Lazy Loadは、WordPressで構築したウェブサイトの画像の読み込み遅延を実装してくれるプラグインです。ウェブサイトに多くの画像を掲載していると、ウェブサイト全体の読み込み速度が遅くなってしまうことがあります。Lazy Loadをインストールすることで、画像読み込みを制限するため、ウェブサイトの表示速度の改善に繋がります。

Lazy Loadの特徴

  • 基本的に初期設定が不要
  • 画像の読み込み遅延が設定できる
  • SEO対策として画像の読み込み遅延で表示速度の改善

Lazy Loadのダウンロード先

【WordPress公式】Lazy Load
https://wordpress.org/plugins/lazy-load/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法
【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法

続きを見る

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

W3 Total Cacheの概要

W3 Total CacheはWordPressで構築したウェブサイトで、サーバーの設定・キャッシュを利用して、表示速度を改善するプラグインになります。

注意

【注意】利用しているサーバーのスペックが低い場合、W3 Total Cacheをインストールすることで不具合が起こるケースがあるようです。インストールする前に、バックアップを取ってから作業するように注意しましょう。

W3 Total Cacheの特徴

  • SEO対策としてサーバー設定・キャッシュで表示速度の改善
  • 初期の設定が少し難しい

W3 Total Cacheのダウンロード先

【WordPress公式】W3 Total Cache
https://ja.wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」
【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善できる「W3 Total Cache」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

続きを見る

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

BackWPupの概要

BackWPupは、WordPressで構築したウェブサイトのバックアップを定期的に自動で実行してくれるプラグインです。WordPressではプラグインの干渉などで不具合が発生しやすい側面があるため、BackWPupをインストールして定期的にバックアップを取っておくことを推奨します。

BackWPupの特徴

  • 定期的な自動バックアップの取得
  • バックアップの対象を細かく設定することができる

BackWPupのダウンロード先

【WordPress公式】BackWPup
https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/

こちらもCHECK

【WordPress初心者】WordPressの手動・自動バックアップができる「BackWPup」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPressの手動・自動バックアップができる「BackWPup」の設定・使い方

続きを見る

コメントスパム対策「Akismet Anti-Spam」

コメントスパム対策「Akismet Anti-Spam」

Akismet Anti-Spamの概要

Akismet Anti-Spamは悪意のあるようなスパムコメントやトラックバックに対して、自動で専用のスパムフォルダに割り振りを行ってくれるプラグインです。

Akismet Anti-Spamの特徴

  • スパムコメントやトラックバックを防止

Akismet Anti-Spamのダウンロード先

【WordPress公式】Akismet Anti-Spam
https://ja.wordpress.org/plugins/akismet/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コメントスパム対策「Akismet Anti-Spam」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】コメントスパム対策「Akismet Anti-Spam」の設定・使い方

続きを見る

必要に応じていれるべきプラグイン

ウェブサイト・記事の表示拡張プラグイン

記事内に目次表示「Table of Contents Plus」

記事内に目次表示「Table of Contents Plus」

Table of Contents Plusの概要

Table of Contents Plusは、投稿や固定ページ内に自動的に目次を表示してくれるプラグインです。初期設定させ済ませば、h1からh6までのHTMLの見出しタグから自動で目次を表示することができます。その他にも目次に表示させない見出しの設定や表示位置・表示内容など詳細な設定が可能です。

Table of Contents Plusの特徴

  • 記事内に自動で目次を表示
  • 目次の表示に関する細かな設定が可能
  • 全ページのサイトマップの自動作成

Table of Contents Plusのダウンロード先

【WordPress公式】Table of Contents Plus
https://ja.wordpress.org/plugins/table-of-contents-plus/

人気記事の表示「WordPress Popular Posts」

人気記事の表示「WordPress Popular Posts」

WordPress Popular Postsの概要

WordPress Popular Postsは、WordPressで構築したウェブサイト上にサムネイル付きの人気記事を表示させることができるプラグインです。過去24時間や過去7日間など特定の期間の指定した上で人気記事を一覧表示させることも可能です。

WordPress Popular Postsの特徴

  • ウェブサイトに人気記事の表示ができる
  • 人気記事の集計期間の設定が可能
  • ウィジェットからサイドバーやフッターなど表示位置のカスタマイズが可能

WordPress Popular Postsのダウンロード先

【WordPress公式】WordPress Popular Posts
https://ja.wordpress.org/plugins/wordpress-popular-posts/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】人気記事の表示「WordPress Popular Posts」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】人気記事の表示「WordPress Popular Posts」の設定方法・使い方

続きを見る

関連記事の表示「Yet Another Related Posts Plugin」

関連記事の表示「Yet Another Related Posts Plugin」

Yet Another Related Posts Pluginの概要

Yet Another Related Posts Pluginは、WordPressで構築したウェブサイト上にサムネイル付きの関連記事を表示させることができるプラグインです。関連スコア設定でタイトルや内容で、表示する記事の精度を設定できます。もちろん特定のカテゴリーやタグの記事を表示させないフィルター設定もあります。

Yet Another Related Posts Pluginの特徴

  • ウェブサイトに関連記事の表示ができる
  • 関連スコアで表示する記事のカスタマイズが可能
  • フィルター設定で除外する記事のカスタマイズが可能

Yet Another Related Posts Pluginのダウンロード先

【WordPress公式】Yet Another Related Posts Plugin
https://ja.wordpress.org/plugins/yet-another-related-posts-plugin/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】関連記事の表示「Yet Another Related Posts Plugin」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】関連記事の表示「Yet Another Related Posts Plugin」の設定方法・使い方

続きを見る

パンくずリストの表示「Breadcrumb NavXT」

パンくずリストの表示「Breadcrumb NavXT」

Breadcrumb NavXTの概要

Breadcrumb NavXTはユーザーがウェブサイトのどこにいるのか分かりやすくするパンくずリストの表示ができるプラグインです。表示する階層には、カテゴリーやタグを含めること設定も可能です。

Breadcrumb NavXTの特徴

  • ウェブサイトにパンくずリストの表示ができる

Breadcrumb NavXTのダウンロード先

【WordPress公式】Breadcrumb NavXT
https://ja.wordpress.org/plugins/breadcrumb-navxt/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】パンくずリストの表示ができる「Breadcrumb NavXT」の設定方法
【WordPressプラグイン】パンくずリストの表示ができる「Breadcrumb NavXT」の設定方法

続きを見る

記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」

記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」

LIQUID SPEECH BALLOONの概要

LIQUID SPEECH BALLOONは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内に会話形式の吹き出しを表示ができるプラグインです。LIQUID SPEECH BALLOONはGutenbergビジュアルエディターで作成できます。

LIQUID SPEECH BALLOONの特徴

  • ウェブサイトに会話形式の吹き出しの表示ができる
  • 吹き出しは写真、向き、色、サイズなど細かな設定が可能

LIQUID SPEECH BALLOONのダウンロード先

【WordPress公式】LIQUID SPEECH BALLOON
https://ja.wordpress.org/plugins/liquid-speech-balloon/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内に吹き出し表示「LIQUID SPEECH BALLOON」の設定方法・使い方

続きを見る

ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」

ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」

WP Social Bookmarking Lightの概要

WP Social Bookmarking LightはFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで拡散するためのシェアボタンを表示できるプラグインです。ソーシャルメディアの特性である拡散性を最大限活かすためにも、シャアボタンは表示させるべきかと思います。

WP Social Bookmarking Lightの特徴

  • ウェブサイトにソーシャルメディアのシェアボタンの表示ができる
    Facebook、Twitter、はてなブックマーク、Google Plus One、Pocketなど

WP Social Bookmarking Lightのダウンロード先

【WordPress公式】WP Social Bookmarking Light
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-social-bookmarking-light/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】ソーシャルボタンの表示「WP Social Bookmarking Light」の設定・使い方

続きを見る

広告用プラグイン

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Googleアドセンスの広告表示「Advanced Ads」

Advanced Adsの概要

Advanced AdsはWordPressで構築したウェブサイトにGoogleアドセンスの広告を簡単に設置することができるプラグインです。一般的に表示されている記事上、記事内、サイドバーなどに広告を掲載することができます。ショートコードを利用すれば、ウェブサイトのどこにでも広告を掲載することができるようになります。

Advanced Adsの特徴

  • ウェブサイトにGoogleアドセンスの広告の表示ができる
  • 記事上、記事内、サイドバーなど広告の掲載位置のカスタマイズが可能

Advanced Adsのダウンロード先

【WordPress公式】Advanced Ads
https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-ads/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleアドセンスの広告を「Advanced Ads」で掲載する設定・使い方

続きを見る

楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」

Rinkerの概要

RinkerはWordPressで楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示することができます。特に商品を紹介するような、アフィリエイトブログ・記事であれば、とても役立つWordPressプラグインです。※ダウンロードにはBOOTHアカウントが必要です。

Rinkerの特徴

  • 楽天、Amazonの商品リンクを簡単に表示できる
  • Yahoo!ショッピングも対応(バリューコマース、もしもアフィリエイト)
  • Google アナリティクスのトラッキングが可能

Rinkerのダウンロード先

【BOOTH公式】Rinker
https://rinker.booth.pm/items/891465

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】楽天・Amazonの商品リンクを簡単に表示できる「Rinker」の設定・使い方

続きを見る

SEO対策(表示速度改善)プラグイン

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

WordPressサイトの読み込み遅延「Lazy Load」

Lazy Loadの概要

Lazy Loadは、WordPressで構築したウェブサイトの画像の読み込み遅延を実装してくれるプラグインです。ウェブサイトに多くの画像を掲載していると、ウェブサイト全体の読み込み速度が遅くなってしまうことがあります。Lazy Loadをインストールすることで、画像読み込みを制限するため、ウェブサイトの表示速度の改善に繋がります。

Lazy Loadの特徴

  • 基本的に初期設定が不要
  • 画像の読み込み遅延が設定できる
  • SEO対策として画像の読み込み遅延で表示速度の改善

Lazy Loadのダウンロード先

【WordPress公式】Lazy Load
https://wordpress.org/plugins/lazy-load/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法
【WordPressプラグイン】WordPressで構築したウェブサイト・ブログの読み込み遅延ができる「Lazy Load」の設定方法

続きを見る

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」

W3 Total Cacheの概要

W3 Total CacheはWordPressで構築したウェブサイトで、サーバーの設定・キャッシュを利用して、表示速度を改善するプラグインになります。

注意

【注意】利用しているサーバーのスペックが低い場合、W3 Total Cacheをインストールすることで不具合が起こるケースがあるようです。インストールする前に、バックアップを取ってから作業するように注意しましょう。

W3 Total Cacheの特徴

  • SEO対策としてサーバー設定・キャッシュで表示速度の改善
  • 初期の設定が少し難しい

W3 Total Cacheのダウンロード先

【WordPress公式】W3 Total Cache
https://ja.wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善「W3 Total Cache」
【WordPressプラグイン】サーバーのキャッシュで表示速度を改善できる「W3 Total Cache」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」

Classic Editorの概要

Classic Editorは、Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に記事編集画面を戻すプラグインになります。必要あるのかという方もいるかと思いますが、従来のクラシックエディターに慣れている方が多くいるため、従来のエディターに戻すために作成されたプラグインになります。

Classic Editorの特徴

  • Gutenberg(グーテンベルク)からClassice Editer(クラシックエディター)に変更できる

Classic Editorのダウンロード先

【WordPress公式】Classic Editor
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】クラシックエディターに設定を変更する「Classic Editor」の設定・使い方

続きを見る

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

HTML Editor Syntax Highlighterは、WordPressで構築したウェブサイトの記事内でソースコードを綺麗に表示させるプラグインです。複数のソースコードに対応しており、文字色も変わるため見やすい表示ができます。

HTML Editor Syntax Highlighterの特徴

  • ソースコードを綺麗に表示できる

HTML Editor Syntax Highlighterのダウンロード先

【WordPress公式】HTML Editor Syntax Highlighter
https://ja.wordpress.org/plugins/html-editor-syntax-highlighter/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」
【WordPressプラグイン】コードを綺麗に表示する「HTML Editor Syntax Highlighter」

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

内部リンク構造画像分かる「Show Article Map」

Show Article Mapの概要

Show Article Mapはウェブサイト内の内部リンクがどう繋がっているか構造的に表示してくれるプラグインです。ウェブサイトの規模が大きくなると内部リンクがどうなっているか管理しずらくGithubという専用のプラグイン配布先からダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

Show Article Mapの特徴

  • ウェブサイト内の内部リンク構造が分かる

Show Article Mapのダウンロード先

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

Googleに最短で更新を知らせれる「PuSHPress」

PuSHPressの概要

PuSHPressはGoogleなどの検索エンジンに、WordPressで構築したウェブサイトで記事の新規作成や更新を行った際に自動で更新を通知してくれるプラグインです。

PuSHPressの特徴

  • 初期設定不要、インストールのみ
  • Googleなどの検索エンジンに自動で更新通知ができる

PuSHPressのダウンロード先

【WordPress公式】PuSHPress
https://wordpress.org/plugins/pushpress/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】Googleに最短で記事の更新を知らせられる「PuSHPress」の設定・使い方

続きを見る

セキュリティー対策プラグイン

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」

Search Regexの概要

Search RegexはWordPressで構築したウェブサイト内で特定のテキストやコードを一括で検索・置換ができるプラグインです。

Search Regexの特徴

  • 特定のテキストの一括で検索・置換ができる

Search Regexのダウンロード先

【WordPress公式】Search Regex
https://wordpress.org/plugins/search-regex/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方
【WordPressプラグイン】記事内の文字を一括で変更できる「Search Regex」の設定方法・使い方

続きを見る

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerの概要

Broken Link CheckerはWordPressで構築したウェブサイトで固定ページ、記事投稿、記事内の画像、コメントなどでリンク切れがないか自動で検査、またメール通知をしてくれるプラグインです。

Broken Link Checkerの特徴

  • リンク切れの自動検知
  • リンク切れリストのメール通知

Broken Link Checkerのダウンロード先

【WordPress公式】Broken Link Checker
https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」
【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェックする「Broken Link Checker」

続きを見る

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」

Contact Form 7の概要

Contact Form 7はWordPressで構築したウェブサイトで簡単にお問い合わせフォームを構築できるプラグインです。一般的なお問い合わせフォームと同じように項目の編集などもカスタマイズできます。

Contact Form 7の特徴

  • お問い合わせフォームの構築
  • 項目の編集も可能

Contact Form 7のダウンロード先

【WordPress公式】Contact Form 7
https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】簡単にお問い合わせフォームを作れる「Contact Form 7」の設定・使い方

続きを見る

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

WordPress管理画面上でリダイレクト設定ができる「Redirection」

Redirectionの概要

Redirectionは簡単にリダイレクト設定ができるプラグインです。利用する場面としては、特にウェブサイトの引越しなど大幅にページのURLが変わる時にインストールすると便利なプラグインです。

Redirectionの特徴

  • ページのリダイレクト設定

Redirectionのダウンロード先

【WordPress公式】Redirection
https://wordpress.org/plugins/redirection/

こちらもCHECK

【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方
【WordPressプラグイン】WordPress管理画面上でドメイン単位・ページ単位で301リダイレクト設定ができる「Redirection」の設定・使い方

続きを見る

まとめ

WordPressはとても使い勝手がよく、プラグインも豊富にあるので簡単に機能を拡張することができます。

今回の記事では、30個のプラグインをご紹介しましたが、冒頭で書いたように、出来るだけインストールするプラグインは絞って、不具合が起きるリスクを抑えましょう。

セキュリティー対策用のプラグインでご紹介した「SiteGuard WP Plugin」「BackWPup」などはインストールしておくことで安心してウェブサイトの運営ができると思うので是非インストールしてみて下さい。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-プラグイン
-, , ,