WordPress入門

【初心者向け】ロリポップのレンタルサーバーで簡単にWordPressを構築する方法

2020年1月29日

レンタルサーバーならロリポップ

ブログ運営を始める際の、レンタルサーバー選びって悩みますよね。

機能性はもちろん長期的に続けていくとランニング費も気にしないといけないですし、無料SSL、独自ドメインやDNSなどオプション機能の設定のしやすさなども重要なポイントになると思います。

今回はブログ運営を開始しようかどうか悩んでいる初心者向けに、本ブログで利用しているロリポップサーバーの申し込み方法からWordprees構築までの手順をご紹介します。

WordPressを使うならロリポップ!

今すぐ申し込む

簡単インストール完備で楽々スタート

ロリポップサーバーの申し込み

トップページからお申し込みボタンをクリック

まずはロリポップレンタルサーバーのサイトへアクセスします。

画面中央のお申し込みボタンか右上のお申し込みボタンから無料お試しを開始します。

料金プランを選択

レンタルサーバーならロリポップ

プランを選択する画面になります。
現在はどの料金プランでも、10日間の無料お試し期間があるので、とりあえず試してみて使用感を探ってみるのが良いかと思います。
ちなみにnukoblogは「スタンダード」プランで運用しています。

サイトのURL(ドメイン)を設定する

レンタルサーバーならロリポップ

お好きなサイトのURL(ドメイン)を入力して下さい。
パスワードと連絡先メールアドレスもここで設定します。

SMSで本人確認を実施

レンタルサーバーならロリポップ

電話番号を入力してSMSで本人確認をします。SMSが受け取れる電話番号を入力してください。

アカウント情報を入力

基本的なアカウント情報を入力する画面です。レンタルサーバーの契約を自動更新にするかどうかのチェックがありますが、この時点で契約を続けるかどうか決まっていなければ、チェックは外しておくことをおすすめしておきます。

最終確認

レンタルサーバーならロリポップ

料金プランやアカウント情報など間違えがないかチェックして下さい。
最後に無料お試し開始のボタンをクリックすれば、お申し込みは完了になります。

コントロールパネルへのログイン

お申し込みの際に、入力したサイトのURL(ドメイン)・パスワードを入力してロリポップサーバーのコントロールパネルへアクセスします。

レンタルサーバーならロリポップ

正常にログインできる以下のような画面になります。
この画面がコントロールパネルのトップページになります。左側にコントロールパネルで実施できるメニューが並んでいます。
「サイト作成ツール」>「WordPress簡単インストール」をクリックしてWordPressの構築を開始していきましょう。

レンタルサーバーならロリポップ

WordPressのインストール方法

レンタルサーバーならロリポップ

こちらがWordPress簡単インストールの画面になります。
「WordPressの設定」の「ユーザー名」「パスワード」はWordPressの管理画面へのログイン情報になるので、忘れずにメモしておきましょう。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - WordPress簡単インストール

先ほどのの入力内容を確認する画面になります。問題なければ、下にある承諾するにチェックをつけてインストールのボタンをクリックして下さい。

ロリポップ!ユーザー専用ページ - WordPress簡単インストール

こちらでWordPressのインストールが完了になります。
インストールには少し時間がかかりますが、完了すれば入力したメールアドレスに案内のメールが届きます。

まとめ

ロリポップサーバーの構築が完了したら、WordPressのインストールはすぐに完了します。
WordPressのインストールを前提で、レンタルサーバーを探している方がいたらロリポップサーバーはおすすめかと思います。

WordPressを使うならロリポップ!

今すぐ申し込む

簡単インストール完備で楽々スタート

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-WordPress入門
-

© 2021 nukoblog