SEO

【SEO】alternateタグとは?スマホサイトを正しくGoogleに伝えよう!

2020年6月10日

【SEO】alternateタグとは?スマホサイトを正しくGoogleに伝えよう!

alternateタグとは?

alternateタグとは?

alternateタグとは、PCサイトとスマホサイトが別々のURLの時に、お互いのURLをGoogleに伝えることができるhtmlタグになります。

読み方はオルタネイトと呼びます。画像の代替テキストに使うaltタグの親戚みたいな感じです。

URLの正規化を行うcanonicalタグと合わせて使うケースが多いです。そのためセットで覚えて設定しましょう。

こちらもCHECK

【SEO】canonicalタグとは?URLを正規化してSEO評価を高める!

続きを見る

alternateタグが必要なWebサイト

alternateタグが必要なWebサイト

alternateタグの設定が必要なケースとしては、PCサイトとは別にスマホサイト、フューチャーフォンサイトがある場合です。

ユーザーは様々なデバイスでWebサイトに訪れるので、閲覧環境に合わせてPCサイトとスマホサイトを表示させるようにする必要があります。

alternateタグとSEO評価の関係

alternateタグとSEO評価の関係

alternateタグを設置したからといってSEO評価が上がることはありません。

しかしながら、PCサイトとスマホサイトが別々のURLで運用している場合、適切にGooglenにそれぞれの存在を指定する必要があります。

具体的には、どちらのURLもパソコンの検索結果に表示され、それらの関係がGoogle に正しく伝えられた場合よりもランキングが下がる可能性があります。

そのため、誤ったSEO評価を受けるリスクを回避するため、alternateタグを正しく設定することをおすすめします。

alternateタグの正しい設定方法

alternateタグの正しい設定方法

alternateタグを設定する方法を説明していきます。手順としては大きく以下2つになります。

①PC用ページ
スマホ用URLを指すrel="alternate"タグを追加する。

②スマホ用ページ
パソコン用URLを指すrel="canonical"タグを追加する。

①PC用ページ スマホ用URLを指すrel="alternate"タグを追加する。

PC用ページ内に、スマホ用URLを指すrel="alternate"タグを追加します

media属性を使って、どのような場合にスマホサイトを使用するかを指定します。今回の例は、最大画面幅が640pxの場合は、スマホサイトを見るように記述しています。


<link rel="alternate" media="only screen and (max-width: 640px)"
     href="http://m.example.com/page-1">

②スマホ用ページ パソコン用URLを指すrel="canonical"タグを追加する。

スマホ用ページ内に、パソコン用URLを指すrel="canonical"タグを追加します。

<link rel="canonical" href="http://www.example.com/page-1">

rel="alternate" および rel="canonical" を使用する際は、スマホ用ページとそれに対応するパソコン用ページの関係を1対1にする必要があります。

1つのスマホ用ページを複数のパソコン用ページを指定するのは避けてください。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-SEO
-

© 2021 nukoblog