プラグイン

WordPressプラグインでECサイトを作るならWooCommerceとWelcartの2つがおすすめ!

今回はWordPressを使ってECサイト(ネットショップ)を簡単に作れるWooCommerceとWelcartというプラグインを紹介します。

ECサイトはお客様の会員登録、商品購入、在庫管理、クーポン・ポイントなどの販促機能など、多くの機能がサイトに必要になります。

そのため、一般的にECサイトを構築する時は、パッケージ型やASP型で既製品をカスタマイズして使うことが多いです。

私もShopifyやMakeshopなどとWordPressプラグインのWooCommerceとWelcartを比較しながら検討していました。

しかし、色々な事情でWordpressで構築したサイトのままECサイトの機能を実装したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

今回はそのような方にWordpressでECサイトを作るメリット・デメリットから有名かつおすすめのプラグインであるWooCommerceとWelcartのプラグインについて解説していきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • 「そもそもWordPressでECサイトって作れるの?」
  • 「他の作り方と比較してどうなの?」
  • 「Wordpressで作る時におすすめのプラグインを知りたい」

っという方向けに記事を書きました。

まずはメリット・デメリットについて解説します。

WordPressでECサイトを作るメリット・デメリット

WordPressでECサイトを作るメリット

まずWordpressでECサイトを作るメリットを説明します。

サイトの土台がWordpressのままなので、基本的な機能だけであれば、初期費用やランニングコストは今までと何も変わりません。

さらに、Wordpressはコンテンツ管理システムとして優秀なCMSであり、ブログとECサイトを統合することができるので、SEOに強くなり集客もしやすい環境になります。

ECサイトの機能はWordpressのプラグインを有効化して、初期設定を行うだけなので、簡単に短時間で実装することができます。

ポイント

・初期費用、ランニングコストが抑えられる
・SEOに強く集客しやすい
・機能拡張がしやすい

WordPressでECサイトを作るデメリット

次にWordpressでECサイトを作るデメリットを説明します。

WordPressでECサイトを作る際に、一番の懸念点はセキュリティへの不安になります。

というのもWordpressはオープンソースであり、世界中の人が無料で使えて情報も多く開示されています。それゆえ、ハッカーなどに攻撃の対象とされやすい傾向があります。定期的にWordpressはバージョンアップを行うので、

ポイント

・セキュリティに不安ができる
・カスタマイズには専門知識が必要となる

WordPressでECサイトを作るならWooCommerceとWelcartがおすすめ

世界的に利用されているWooCommerce

WooCommerceは世界的に利用されており、ECサイトの39%はWooCommerceで構築されている調査データもあります。日本語サポートサイトには、日本でも10,000件以上の導入実績があるみたいです。

WooCommerceはプラグインを有効化するだけで、会員情報や商品情報の管理ができるようになります。またWooCommerce専用のウィジェットもあるのでサイト上のカスタマイズも柔軟にできます。

懸念点としては、海外製のプラグインのため、日本語で解説している情報が少ない点です。英語の情報源は多くあるので、英語に抵抗がなければ十分な情報をインターネットで収集することができます。

https://woocommerce.com/

日本製プラグインWelcart

Welcartは日本初のWordpress専用のショッピングカートとして、2009年のリリース以降アップデートを重ねて日本国内ECプラグインシェアNo1と輝くなど実績があるプラグインになります。公式サイトには29000以上のサイトで導入実績があるようです。

WelcartもWooCommerceと同様に、Wordpressの管理画面上でプラグインを有効化するだけで、簡単にECサイトの機能を実装することができます。

クロネコ代金後払いサービスやAmazon Pay 決済サービス、イプシロンカード決済サービスなど多数の決済代行サービスに対応している点が特長です。

https://www.welcart.com/

WooCommerceとWelcartのどっちにするか悩んでいる方は好みのテーマがある方に決める

ECサイトとしての基本機能はWooCommerceとWelcartに大きく異なる部分はありません。

そのため、定期購入やサイト表示など拡張するための有料プラグインの有無などを確認した上で、決めかねている方であれば、WooCommerceとWelcart荷対応しているWordpressテーマがどちらにあるかという判断軸でプラグインを決めるというのも良いかと思います。

WooCommerce公式サイト
Welcart公式サイト

WordPressのテーマをまとめたサイトは数多く存在するのですが、まずは公式サイトに掲載されている公式認定のテーマから見てみるのも良いかと思います。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-プラグイン

© 2021 nukoblog