テーマ

【ブログ向け】WordPressの人気・おすすめ無料テーマ10選

2020年7月26日

【ブログ向け】WordPressの人気・おすすめ無料テーマ10選

いざWordPressでブログを運営するとなった時に、大体いつも悩むのがテーマですよね。特に初心者の方やWordPressにあまり詳しくない方だと、多くのテーマの中から自分が作りたいブログに合わせて、テーマを選ぶことがとても難しいです。

こんな方におすすめ

  • WordPressテーマのどれを選べば良いか分からない。
  • WordPressテーマの人気・おすすめを知りたい。

上記のような方に、今回はWordPressでブログ運営をしているサイトで、特に人気・おすすめのWordPressテーマを紹介します。

WordPressテーマとは

WordPressテーマ

WordPressのテーマとは、Webサイトのデザインと機能が1つになったテンプレートになります。ダウンロードした時点のWordPressでも利用できるのですが、テーマを自分で開発したり、他の人が開発したテーマに変更するのが一般的です。

利用できるならそのままで良いのではという方もいるかと思いますが、世界中の人が利用しているWordPressのデフォルトのテーマは、良くも悪くも汎用的で面白みのないテーマになっています。

自分の個性が出るブログや他社との差別化を図るために企業のコーポレートサイトを作る場合、デフォルトのテーマではカスタマイズにも限界があるので、自分やWeb制作会社にテーマを独自に開発してもらわない限り、既存のテーマを吟味して自身のサイトに反映することになります。

WordPressテーマを使うメリット

WordPressのテーマを使うメリット

日本版WordPressの公式サイトでは7000個以上の様々なテーマが配布されています。WordPressのテーマには、最近のおしゃれなデザインになるテーマ、ニュースサイトのような見せ方ができるテーマ、内部施策が対応されているSEOに強いテーマなど、開発された方によって特色があります。

WordPressのテーマをインストールすることで、既に作られたデザインと機能をすぐに利用することができるので、1からウェブサイト・ブログを作るよりも大幅に時間を削減することができます。また自分では簡単に作れない機能も、既に開発されていてデフォルトの設定で使えたりします。

元々WordPressはブログツールなので、ブログを運営する上で心強いテーマも数多く存在します。また日本人が開発したテーマであれば、管理画面が日本語であったり、マニュアルやノウハウ記事が多くあるので何か困った時に助かることが多くあります。

WordPressの人気・おすすめ無料テーマ10選

Cocoon(コクーン)

Cocoon(コクーン)

Cocoon(コクーン)寝ログを運営しているわいひらさんが開発されたテーマになります。トップページに記載があるように、SEO、ページの高速表示、モバイル対応が施されている高機能なテーマになります。

Cocoon(コクーン)の特徴
  • 内部施策が施されておりSEOに強い
  • ページの高速表示が可能
  • モバイル・タブレット対応されている

Cocoon(コクーン)の素晴らしい点は、WordPressの管理画面上で簡単に自分でカスタマイズできる範囲が広い点だと思います。管理画面上でカスタマイズできるので、html・phpなどの専門用語が分からない方でも、直感的にカスタマイズできます。

開発者が日本人のため、日本人が使いこなしやすい設計になっています。またCocoon(コクーン)に関する操作マニュアルがサイト上にまとまっているので、何かあれば検索すれば解決します。加えて日本人の利用者が多いので、他の人のカスタマイズ方法などがインターネット上にたくさん転がっているので、したいことを検索すれば大体誰かが記事にしてくれているのも安心できる点です。

Cocoon(コクーン)のサイト上でわいひらさんに質問することができるので、本当に困ったときは聞いてみるのも良いでしょう。

Cocoon(コクーン)の公式サイト

STINGER(スティンガー)

STINGER(スティンガー)

STINGER(スティンガー) ENJILOG(エンジログ)を運営しているENJIさんが制作されたWordPressテーマです。

STINGER(スティンガー)の特徴
  • 初心者でも使いやすい
  • 内部施策が施されておりSEOに強い

他のWordPressテーマと比較して、設定できる機能を絞られて開発されているため、初心者の方でも簡単に使いこなすことができます。

しかし最新バージョンが2017年から更新されていません。そのため最新のブロックエディターに対応していません。

STINGER(スティンガー)の公式サイト

LION MEDIALION BLOG(ライオンメディア・ブログ)

LION MEDIA(ライオンメディア)
LION BLOG(ライオンブログ)

LION MEDIA・LION BLOG(ライオンメディア・ブログ)は千葉県のWeb制作会社のフィット株式会社で開発されたWordPressテーマです。

LION MEDIALION BLOG
(ライオンメディア・ブログ)の特徴
  • AMP対応済
  • 内部施策が施されておりSEOに強い
  • スマホ・モバイル対応

無料と思えないほど、高機能でAMP対応・SEO最適化・レスポンシブ対応などが施されています。一番の特徴は、高いデザイン性でメディアサイトっぽいおしゃれなWebサイトが作れることから多くの人が利用しています。

W3Cの規格に基づくマークアップでエラーが無く、構造化データを用いたマークアップ済み(schema.org)になるのでSEO内部施策にも最適化しています。

ちなみにLION BLOG(ライオンブログ)は個人のブログ向けで、LION MEDIA(ライオンメディア)はメディアサイト向けなので、ある程度の記事数があれば、ニュースサイトのような見せ方が可能です。

LION MEDIA・LION BLOG(ライオンメディア・ブログ)の公式サイト

Xeory Base(セオリーベース)

Xeory Base(セオリーベース)

Xeory Base(セオリーベース)はコンテンツマーケティングで有名なバズ部が今までのノウハウを詰め込んで開発したWordPressテーマになります。

Xeory Base(セオリーベース)の特徴
  • 内部施策が施されておりSEOに強い
  • ソーシャルメディアとの連携がスムーズ
  • コンバージョンを増加させる施策が簡単にできる
    (CTAやランディングページなど)

Xeory Base(セオリーベース)の特徴はやはり、コンテンツマーケティングに必要な機能が付いている点です。SNS・アナリティクス・meta情報が管理画面から簡単に設定できる点など嬉しい機能が満載です。

特にランディングページを生成する機能は、他のWordPressテーマには無く、メルマガ配信フォームとの相性がバッチリです。

Xeory Base(セオリーベース)の公式サイト

Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas(ルクセリタス)は特に読み込み速度が速いWordPressテーマです。Luxeritas(ルクセリタス)という名前自体が、ラテン語の Lux(光)と Celeritas(速)を合体して生まれたそうです。

Luxeritas(ルクセリタス)の特徴
  • とにかく読み込み速度が速い
  • 内部施策が施されており、SEOに強い
  • スマホ・タブレット対応できている
  • AMP対応済
  • PWA対応済

html5の仕様に準じた適切な文法でマークアップされており、HTML、CSS、Javascriptファイルなどの圧縮もされています。そのためGoogle Pagespeed Insightsによるスコアもモバイル99点、パソコン100点という結果になっており、SEOにも強いサイト構造になっています。

Luxeritas(ルクセリタス)の公式サイト

Habakiri

Habakiri

Habakiriはプログラミング言語のBootstrapで開発されたWordPressテーマです。シンプルなデザインでスマホ・タブレットなどにも対応しています。

テーマのカスタマイズは、WordPressのカスタマイズで可能で、固定ページ用のレイアウトが7種類も準備されています。また3つのアイコンフォント(Genericons、Glyphicons、Font Awesome)も使用可能です。その他には、シェアボタンやデザインスキンなどがアドオンとして配布・販売されています。

Habakiriの公式サイト

Lightning

Lightning

Lightningは昔から日本で人気のWordPressテーマです。「いちばんやさしいWordPressの教本」の中にも題材として出てくるテーマです。シンプルなデザインが好評で多くの人が利用しています。

ブログから企業のホームページにまで使われています。シンプルなデザインが故に、他の人と被ってしまうケースがあるので注意が必要です。

Lightningの公式サイト

LIQUID

LIQUID

LIQUIDは累計20,000回ダウンロードされたプログラミング言語のBootstrap4で開発された国産のWordPress公式のテーマになります。ブロックエディターに対応していたり、スマホ・タブレットにも対応しています。

シンプルなデザインのテーマと比べて、画像を多く表示させるようになっているので、写真・画像を多く掲載したい肩などには向いているかと思います。

LIQUIDの公式サイト

Write

Write

Writeは文章を書く人のために作られたWordPressテーマです。デモサイトを見てもらえばすぐ分かるのですが、余計な装飾は一切ありません。

基本的に記事コンテンツだけが目立つようなデザインになっています。個人的には日記みたいな使い方だと面白いんじゃないかなと思っています。是非使ってみてください。

Writeの公式サイト

Portfolio

Portfolio

Portfolioは写真・画像がメインのポートフォリオサイトが作れるWordPressテーマです。商品写真を掲載したり、自分で撮影した写真を掲載するなどには抜群に相性が良いデザインだと思います。

WordPressのデフォルトのカスタマイズ画面で、ほとんどの編集ができちゃうので専門用語が分からない方でも安心して使えます。

Portfolioの公式サイト

WordPressテーマの設定方法

こちらもCHECK

【WordPress初心者】WordPressで構築するウェブサイト・ブログのWordPressのテーマ選び・テーマのダウンロードと設定方法まで解説
【初心者向け】WordPressのテーマとは?WordPressでサイト・ブログを作るなら覚えておきたいテーマ選びから設定方法を解説

続きを見る

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-テーマ

© 2021 nukoblog