テーマ

【企業サイト向け】WordPressの人気・おすすめ無料テーマ10選

2020年7月28日

【企業サイト向け】WordPressの人気・おすすめ無料テーマ10選

最近では企業サイトでもWordPressを使ってサイト構築をしている会社が増えています。

一昔前はWordPressはセキュリティーに問題があるので、企業サイトでは敬遠される傾向がありましたが、初期費用を抑えつつ、手軽にコンテンツを管理できる、幅広いカスタマイズができるという点が評価されて利用企業が増えています。

ちなみにインターネットにあるWebサイトの30%がWordPressを使っているということも聞いたことがあります。3つに1つはWordPressで作られていると考えると、結構多いですよね。

WordPressテーマとは

WordPressテーマ

WordPressのテーマとは、Webサイトのデザインと機能が1つになったテンプレートになります。ダウンロードした時点のWordPressでも利用できるのですが、テーマを自分で開発したり、他の人が開発したテーマに変更するのが一般的です。

利用できるならそのままで良いのではという方もいるかと思いますが、世界中の人が利用しているWordPressのデフォルトのテーマは、良くも悪くも汎用的で面白みのないテーマになっています。

自分の個性が出るブログや他社との差別化を図るために企業のコーポレートサイトを作る場合、デフォルトのテーマではカスタマイズにも限界があるので、自分やWeb制作会社にテーマを独自に開発してもらわない限り、既存のテーマを吟味して自身のサイトに反映することになります。

企業サイトは無料より有料テーマがおすすめ

企業サイトは無料より有料テーマがおすすめ

無料のWordPressのテーマでも高機能なものが多いのですが、そのほとんどがブログ向けに作られていることが多いです。

また企業サイト向けのテーマであっても、汎用的に作られていることが多いので、その企業独自の色を出したようなデザインや細かい機能の部分で作りにくいかと思います。

そのため、会社の看板としての企業サイトを充実したものにしていくのであれば、多少初期費用がかかっても有料のWordPressテーマがおすすめです。

しかし、まだサイトを運営し始めたばかりなど、初期費用をかけられない状況であれば、無料で利用できるWordPressテーマで運用を開始して、リニューアルのタイミングで有料テーマに切り替えましょう。

WordPressの人気・おすすめ無料テーマ10選

OnePress(ワンプレス)

OnePress(ワンプレス)

OnePress(ワンプレス)は海外製ということもあり、全体的にビジュアルが良くクリエイティブ性を感じられるWordPressテーマです。

またデザインだけでなく、管理画面上でトップページのメインビジュアルを編集したり、全体的にレイアウトを変更したりと高度なカスタマイズが可能です。レスポンシブ対応なので、スマホでも最適な画像サイズになります。

OnePressの公式サイト

Xeory Extention(セオリーエクステンション)

Xeory Extention(セオリーエクステンション)

Xeory Extention(セオリーエクステンション)はコンテンツマーケティングで有名なバズ部が開発した企業サイト向けのWordPressテーマです。

Xeory Extentionの公式サイト

Restaurant and Cafe

Restaurant and Cafe

Restaurant and Cafeはレストラン、カフェなど飲食店向けのWordPressテーマです。日替わりメニュー、お客様の声、メニュー、予約フォームなどがデフォルトで付いています。

デモサイトがとてもお洒落で飲食店だけでなく、カスタマイズ次第で色んなジャンルのサイトに合うように思えます。レスポンシブ対応、SEO対策、速度最適化なども実装されているので、クオリティーの高いサイトが制作できます。

Restaurant and Cafeの公式サイト

Sydney(シドニー)

Sydney(シドニー)

Sydney(シドニー)は個人事業主、フリーランス、企業など幅広い方におすすめのWordPressテーマです。Sydney(シドニー)ははとても高機能でトップページ、ブログ記事のレイアウトを管理画面上で変更したり、600以上のフォントを選択できたり、スライダーまたは静止画像ヘッダーにカスタマイズすることができます。

ちなみにテーマのバージョンアップも2020年5月と直近でも開発が行われているので、今後も機能拡張などが期待できます。

Sydneyの公式サイト

Nishiki

Nishiki

NishikiはWordPressの知識・技術を豊富に持つ方向けのWordPressテーマです。新着記事を表示させるプラグイン「Newpost Catch」を開発された今村さんという方が開発したテーマです。

ブログ、メディアサイト、コーポレートサイト、ファッション系サイト、音楽系サイトなどが向いてそうです。写真・画像を最大限に使ったおしゃれな海外のサイトのようなデザインができます。

Nishikiの公式サイト

BusinessPress(ビジネスプレス)

BusinessPress(ビジネスプレス)

BusinessPress(ビジネスプレス)は名前の通り、ビジネスサイト向けのシンプルかつ洗練されたデザインのWordPressテーマです。First・Graphy・Writeなどのテーマを開発されたTakao Utsumiさんが開発されたテーマです。

数自体は多くないですが、固定ページで見た目のカスタマイズすることが標準できます。またブロックエディターに対応しているので、専門用語が分からなくても、メンテナンスしやすい作りになっています。

BusinessPressの公式サイト

Lightning(ライトニング)

Lightning(ライトニング)

Lightning(ライトニング)はブログから企業サイトまで幅広く利用しやすいWordPressテーマです。シンプルなテーマですが、機能を拡張する様のプラグインが開発されており「VK All in One Expansion Unit」を追加することで、トップページのレイアウトを変更したり、会社情報、お知らせ、お問い合わせ先など、企業サイトに必要な要素を簡単に追加することができます。

Lightningの公式サイト

BizVektor(ビズベクトル)

BizVektor(ビズベクトル)

BizVektor(ビズベクトル)は専門知識が不要で、商用利用できる企業サイト向けのWordPressテーマです。難しいような設定がほとんどなく、簡単に企業サイトが作成できます。

デフォルトでは「Rebuild」「Default」「Calmly」「プレーン」という4種類のデザインスキンを選択することができます。懸念点としては、デザインが少し古く、テーマのバージョンアップもされていないことです。

BizVektorの公式サイト

TCD BlogPress

TCD BlogPress

TCDは様々な業種、ジャンルのWordPressテーマを開発している会社で、「BlogPress」はTCDが初めてテーマ制作ものになります。

TCDテーマオプションでは、サイドバーを左右入れ替えができたり、3カラムにできたり、メイン・サブカラーを変更するなどのカスタマイズを手軽に行うことができます。利用する際は、メールアドレスでお申込みが必要です。

TCD BlogPressの公式サイト

Attitude

Attitude

AttitudeはエレガントなデザインのWordPressテーマです。2つのサイトレイアウト(狭いと広い)、各投稿・ページの5つのレイアウト、5つのページテンプレート、4つのウィジェット領域、投稿/ページを強調する機能付きスライダー、ギャラリーを表示するカスタム投稿タイプ、11個のソーシャルアイコンなどが柔軟にカスタマイズできます。

Attitudeの公式サイト

こちらもCHECK

【2020年版】人気・おすすめの有料・無料のWordPressテーマ20選
【2020年版】人気・おすすめの有料・無料のWordPressテーマ20選

続きを見る

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP:プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-テーマ

© 2021 nukoblog