【2022年最新】人気・おすすめのWebマーケスクール9選

【未経験者におすすめ】WordPressテーマのSWELLを使ってみた良い点・悪い点の個人評価

当記事の信頼性
管理人:かつさんど
  • 現役Webマーケター
    元Webディレクター
  • 東証一部上場の不動産系企業で勤務
  • 最高収益:月間30万円

今回はAffingerからSWELLに乗り換えて半年経ったので、SWELLを検討している方向けに実際使ってみて良かった点・悪かった点などまとめていこうと思います。

  • SWELLに自分が向いているか知りたい方
  • SWELLの効果を知りたい方
  • SWELLにテーマに切り替えるか検討中の方

上記のような方は、是非最後まで読んでみてください。

目次

【結論】SWELLは未経験者向きのWordPressテーマ

HTML/CSSなどプログラミングの専門知識はないけどWebサイト・ブログを作りたい方には最高のWordPressテーマです。SWELLのコンセプトでも専門知識不要で高度なデザインカスタマイズを実現し記事制作・コンテンツ制作に注力できるWordPressテーマを体現しているWordPressテーマです。

テーマ購入後はユーザーマイページで質問等ができるフォーラムもあるので、わからないことを調べたり聞いたり、他の人の使い方を知れるので初めてのサイト・ブログを作りたい方にはサポート環境が整っていると思います。あとWordPressテーマのバージョンアップのお知らせもあるので便利ですね。

SWELLについて

SWELLとは

SWELLは世界で最も使われているCMSのWordPressのテーマやプラグインの自社開発・配布・販売を行なっている株式会社LOOSが開発した100%GPLのテーマです。2019年3月から販売が開始されて、現在もなお開発が行われており定期的にバージョンアップが行われています。

SWELLは洗練されたデザインで使いやすい管理画面を追求しており、HTMLやCSSなどの専門知識がなくてもテーマカスタマイザーを使うことで簡単なマウス操作で直感的にコンテンツを作り上げることができます。

SWELLは買い切り型なので、一度購入したら一切の費用がかからず、複数サイトに使うことができます。

SWELLは複数のデザインにカスタマイズされた「デモサイト」があるので、どういう感じのサイト・ブロブができるかを確認してみてください。

SWELLの特徴

SWELLには多くの便利な機能が付いていますが、個人的にSWELLの特徴は下記になります。

  • ブロックエディター『Gutenberg』に完全対応
  • テーマカスタマイザーが充実
  • 必要なSEO機能は実装済
  • 構造化マークアップ機能
  • Google Adsence・アフィリエイト広告の設置や管理が簡単

その他のSWELLの特徴は公式サイトにもまとめられているので見てみてください。

SWELLが向いている人

SWELLが向いている人は下記になります。専門知識がなくても高度なカスタマイズができるので、個人的には初心者・未経験者の方向けのWordPressテーマです。

  • 専門知識がない方
  • 駆け出しのブログーやアフィリエイターの方
  • サイト管理に時間をかけたくない方

SWELLの良かった点

SWELLの良かった点は下記になります。

  • テーマカスタマイザーが使いやすい
  • ブロックエディター『Gutenberg』に完全対応
  • SWELL専用ブロックが優秀
  • 広告の設置・管理がしやすい

詳細を説明していきます。

テーマカスタマイザーが使いやすい

SWELLを使ったサイトのカスタマイズは基本的にテーマカスタマイザーだけで完結します。

  • サイトカラー
  • 見出しデザイン
  • 本文の色・サイズ・フォント
  • ヘッダー・フッター・サイドバーのレイアウト調整
  • トップページのMV設定

ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応

SWELLはWordPressの最新ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応しています。クラシックエディターはHTML/CSSの知識がある方は使いやすいのですが、専門知識がない方は逆に使いにくい部分があると思います。

ブロックエディター「Gutenberg」は「リスト」「ボタン」「バナー」などのブロックを選択するだけで追加できるため記事投稿スピードが早くなります。

また「ブログパーツ」という機能を使うことでブロックエディターで作ったよく使うブロックを簡単に使いまわせれるように登録することができます。

SWELL専用ブロックが優秀

SWELLにはSWELL専用ブロックがあります。ブロック選択することで固定ページや記事の中で表現の幅が広がります。

例えば以下の専用ブロックがあります。

  • フルワイド
  • アコーディオン
  • ふきだし
  • バナーリンク
  • SWELLボタン
  • キャプション付きブロック
  • 広告タグ
  • ブログパーツ
  • 投稿リスト
  • 関連記事
  • FAQ
  • ステップ

広告の設置・管理がしやすい

「広告タグ」にGoogle Adsenceタグやアフィリエイトタグを登録しておくことで、簡単に固定ページや投稿の本文中で設置できます。またタグに変更があったときに、「広告タグ」上で変更を加えるだけですべてのタグに変更を加えることができます。

広告タグは以下の4種類があります。

  • バナー型
  • アフィリエイト型
  • Amazon型
  • ランキング型

SWELLの悪かった点

正直あまり表立って悪かった点はありませんでした。しいてあげるのであればSWELLの悪かった点は下記になります。

  • カスタマイズの自由度は低い

詳細を説明していきます。

カスタマイズの自由度は低い

管理画面上の「テーマカスタマイザー」でカスタマイズができますが、基本的にあらかじめ変更できる内容の範囲しかカスタマイズできないことになるので、他のSWELLを使っているサイト・ブログと同じようなカスタマイズしかできません。

ただカスタマイズできる内容自体は多いので、他のサイトやブログと全く同じようには見えないので安心してください。またこれは他のWordPressテーマにも言えることなので、自分でWordPressテーマ自体を自作する以外は避けようがないのであまり気にしすぎなくてもいいかもしれないです。

まとめ

個人的にはSWELLはとてもカスタマイズが楽にできて、記事の作成がスムーズなので、特にブロガーやアフィリエイターの方にはおすすめのWordPressテーマと感じました。

SWELLは複数のデザインにカスタマイズされた「デモサイト」があるので、どういう感じのサイト・ブロブができるかを確認してみて良さそうだったら是非試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる