【2022年最新】人気・おすすめのWebマーケスクール11選

【現役プロが解説】WebマーケターとWebディレクターの違いは?仕事内容・年収・キャリアについて解説

当記事の信頼性
管理人:かつさんど
  • 現役Webマーケター
    元Webディレクター
  • 東証一部上場の不動産系企業で勤務
  • 最高収益:月間30万円

Web系の職種にはいくつも種類があり、よくWeb◯○という職種を目にされたことがあるのではないでしょうか。最初は結構混乱しますよね。

今回は特に紛らわしそうなWebマーケターとWebディレクターの仕事内容、年収、キャリアの違いについて解説していきたいと思います。

  • WebマーケターとWebディレクターの違いは?
  • WebマーケターとWebディレクターの仕事内容の違いは?
  • WebマーケターとWebディレクターの年収・キャリアの違いは?

上記のような方は、是非最後まで読んでみてください。

目次

WebマーケターとWebディレクターの定義は企業によって違う

結論、WebマーケターもWebディレクターも企業によって定義がバラバラなのが事実です。

理由としては世の中の企業はほとんどが中小企業で基本的に人材不足なので、中小企業のWeb系企業にいるWebディレクターがWebマーケターの仕事であるWebマーケティングの企画・実行・分析と行なっていることがよくあります。

ちなみに私が新卒でWeb制作会社に入った時はWebディレクター職種配属されたのですが、実際はWebディレクター兼Webプランナーでした。笑

さらにWebマーケター職種であっても、社内の別部署にWeb広告運用担当、メディア運用担当がいることもあり、業務が細分化されていることもあります。そうなるとWebマーケター職種であっても自分が携わる業務範囲は小さくなります。

ただ基本的な概念としては下記になります。

Webマーケター

Webを使ったマーケティング施策の企画・実行・分析を行う職種

Webディレクター

Webサイト制作の進行管理を行う職種

そのため、WebマーケターやWebディレクターでの転職を検討されている方は、転職エージェントや企業の採用担当者の方に、具体的な業務内容や配属先の部署についてはしっかり内容を確認しておくことをおすすめします。

WebマーケターとWebディレクターの仕事内容

Webマーケターは戦略家

Webマーケターはインターネットを活用して、「Webサイトでのリード獲得」「ECサイトで商品・サービスの購入」「メール・アプリ・SNSを使ったファン化」などのさまざまな目的に対してWeb施策を考えるいわば戦略家のような職種です。本質的にはいかに少ない予算で効率的に売上を上げる仕組みを作るかという会社の売上やブランディングなど影響力の大きい仕事を行います。

またWebマーケターは分析力も求められる職種です。代表的なのがWebサイトのアクセス解析です。WebサイトでのCV(コンバージョン)数を増やすために、ユーザーがWebサイトに「どこから訪れた?」「どのような動きをしている?」などの視点で課題を抽出し、仮説を立てて改善していく一連の仕事もWebマーケターとして行うでしょう。

  • Web・SNS広告
  • SEO対策
  • オウンドメディア構築・運用
  • メールマガジン
  • SNS運用

Webディレクターは指揮官

Webディレクターは一言でいうと、Webサイト制作の指揮官です。営業が案件を獲得したら、まずWebディレクターに案件の相談が持ちかけられ案件がスタートします。

具体的には、Webサイト制作前はクライアントへのヒアリング、予算・スケジュール作成、社内デザイナー・エンジニアのアサイン、社外のパートナー会社のアサイン、作業指示書作成などが仕事になります。Webサイト制作後はWebサイトの表示・動作確認テスト、納品・公開対応を行います。

もちろん、Webサイト制作中も急遽発生したクライアントの要望や仕様変更に対して、クライアントと予算やスケジュールの交渉をしたり、デザイナーやエンジニアに相談して解決したりなど全ての関係者とコミュニケーションを取りプロジェクトとして成功に導かなければなりません。

  • クライアントへのヒアリング
  • 予算・スケジュール作成
  • 社内・社外の作業者のアサイン
  • 作業指示書作成
  • Webサイトのテスト
  • Webサイトの公開対応

WebマーケターとWebディレクターの年収

Webマーケターは509万円・Webディレクターは488万円が平均年収

スクロールできます
年代全体WebマーケターWebディレクター
20代341万円367万円361万円
30代437万円463万円457万円
40代502万円553万円551万円
50代613万円655万円584万円
全年代平均473万円509万円488万円
doda 平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】

WebディレクターよりもWebマーケターの方が平均年収は若干上になっています。特に最近はWebマーケティングに関するニーズが高まっており、Webマーケターの仕事によって企業の売上やブランディングなど大きな影響力が与えられるのが要因の一つになっています。

キャリアアップで530〜570万円も夢じゃない

スクロールできます
年代全体マーケティング広報クリエイティブディレクターデータアナリスト/データサイエンティスト
20代341万円387万円359万円370万円427万円
30代437万円498万円485万円486万円560万円
40代502万円647万円598万円641万円609万円
50代613万円749万円735万円682万円
全年代平均473万円570万円544万円544万円532万円
doda 平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】

一応参考になりますが、事業会社やコンサル系企業に転職した場合は、平均年収が530〜570万円程度を目指すこともできます。

WebマーケターとWebディレクターのキャリア

Webマーケターのキャリアはコンサル・事業会社への転職

Webマーケターのキャリアとしてはコンサルティング会社か事業会社のどちらかに転職してキャリアアップを狙う

  • 広告代理店・IT系のコンサルタント
  • メディア運営会社の編集長
  • 事業会社のCMO

WebディレクターのキャリアはWeb系企業でのキャリアアップ

  • Webプロデューサー
  • Webプランナー・Webマーケター
  • Webアナリスト

WebマーケターとWebディレクターになる方法(就職・転職)

Webマーケターになる方法(就職・転職)

WebマーケターはWebマーケティング経験不要でも転職できる求人はあったりするのですが、独学するかスクールに通った方が良いです。理由は簡単で未経験で異業種・医業界に転職することはリスクも伴うため、事前に自分がどういう仕事に就こうとしているのかを理解しておいた方がいいからです。

またWeb系企業でスキルや経験を積んで事業会社でWebマーケターを目指すのも選択肢としてあります。最近では事業会社内でインハウス化が進んでいるのでWeb系の専門職の求人も増えてきています。

  • 独学→Web系企業
  • スクール→Web系企業
  • Web系企業→事業会社

「Webマーケティングスクールってどうなの?」という方に、おすすめのスクールを解説していますので気になる方は是非読んでみてください。
【2022年最新】人気・おすすめのWebマーケティングスクール9選

Webディレクターになる方法(就職・転職)

WebディレクターはWebサイト制作に関係するスキルや知識は必須にはなりますが、メインはコミュニケーションや交渉力が求められる職種になるので、前職で営業職をされていた方が転職するケースがよくあります。ある程度はWebマーケティングに関して勉強を行なって、転職後にOJTで学んでいくキャリアもあります。

また最も多いのがWeb系企業の中でデザイナーやプログラマーからWebディレクターにジョブチェンジするケースです。普段のWeb制作のスキルや知識を活かすことが可能ですし、アートディレクターやテクニカルディレクターといった専門知識を有するWebディレクターも目指すことができます。

  • 独学→Web系企業
  • Web系企業の中でジョブチェンジ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次